マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

休眠の日々。生理のありがたさ。

昨日も今日も朝から眠る日々が続いている。

 

今日、8月27日

宮沢賢治の誕生日なので、

何かしたいと思っていたけれど、

 

 

。。。。。描く気力が起こらない。。。。

 

 

ここ数日は漫画から離れたい。

 

描こうという意欲がわかないのだ。

 

 

 

 

 

生理がきたせいもあるのか、

それとも日曜日の外出が響いたのか、

眠気とだるさで

 

本日もずっと休んでいた。

 

休みたい。。。。休みたい。。。。

 

そんな気持ちの方が強い。

 

 

ここのところずっと休んでいるのが身体にとってよいのか、

今月は生理は順調なサイクルでやってきて、

予定日ピッタリだった。

出血量も多い。

 

 

 

ここ1年で血量が少なくなり、三日で

上がり、になることも出てきて、

もう年かな、

そろそろ閉経に向かっているのかな。。。と

感じていたので、

今月のようにドバッと大量に出たことで、

もしかして休養したお陰で

体内の不老物も沢山出してくれているのかも

しれないな。。。と思った。

 

 

そう思うと、自分が今休んでいる意味も

持てるような気がして、

自分を労っている、ことができているんだな、

と思える。

 

 

ちょっと汚い話だが、

レバー状の塊がたくさん出るタイプなので、

トイレでそれにまみえるたび、

身体中をお掃除してもらってくれているような

気がする。

 

 

ただ、血量があまりに多く、

今日は、娘の保育園のお迎え中に動いていると、

ナプキンからドバッと漏れてしまい 汗

ズボンにまでモロに血が大量に滲んでしまうという

惨事をうみ、ひえええええ、と

尻を隠しながら帰宅した  。汗

 

 

こんなことは小学生のき、

生理になりたてのときにやってしまった

こと以来だったのでビックリした。

 

 

生理が始まってくると、

肌も白くなって綺麗になってくる。

これも有難いことである。

 

 

 

生活上で無理をしなかったり、

ゆとりや余白が多くなると、

自分の身体もそれにのってくれるせいか

いいサイクルで回ってくれる。

 

 

女性は、気持ちより余計にゆとりを持ち、

多めにゆったり休んだ方が健康的に過ごせるのだな。。。と

つくづく思った。

 

 

月に

生理が終わり元気になれる時、

排卵の時期

生理前の不快な時期、

生理中のデトックス期。。。

 

 

女性の体のサイクルは、ひと月で

めまぐるしく変わる。

 

 

その変化にあった生活の仕方を

今考えるべきなんだな。。。と

我ながら思った。

 

女性の場合、実に月の半分以上が不快な時期に

なるため、よけいに身体の声や心の直感に

耳を澄ますことも大切なことだと思う。

 

 

余談だが、最近メキシコの

女性画家、フリーダカーロがとても

気になってYouTubeでよく観ている。

 

容姿が本当に美しく、ファッションも

素敵。

 

彼女の描く絵はダイレクトだ。

 

ポリオ、バス事故による障害、3度の流産。。。

彼女のポートレイトや当時の心境を描いた絵は

一度見たら忘れられない。

 

南米の土俗的な雰囲気をも漂わせ、

魅惑に満ち、憧れの女性の1人になった。

 

 

彼女自身は己の女性としての

「血」をどのように捉えていたのだろうか。。。

 

 

子宮が損傷していたためけして出産はできない

身体だったが、毎月月のものはやってくる。。。

 

妊娠しても産むことができない、その苦しみは

耐えがたいものだったであろう。

 

 

現代でも多くの人のミューズやアイコンになっている

フリーダ。

 

彼女の個展がいつか日本にやってくることを

切望している。

 

 

 

病院の日。

 

昨夜は一時間だけ漫画が描けた。

 

 

 

一時間机に迎えただけでも

いまは我ながら凄いことだと思う。

 

 

色鉛筆でカラーを塗っているが、

 

昨今の塗り絵ブームもあり、

 

塗り絵、という行動が

心の安定やリラックスに

つながることが注目されている。

 

たしかに、あらゆる色がずらりと並んだ

色鉛筆をみると、ワクワクするし、

それぞれの色の深さにうっとりする。

 

 

 

 

 

ムスメが塗り絵好きなのでわたしも

プリキュアなどの塗り絵に付き合う

くらいだけど、色を埋めて行く作業は

ささやかな充足感と安心をもたらす。

 

また、あまりに複雑なドレスやコスチュームを

塗っているときなど、

アニメーターの苦労はどれほどすごいのか、

複雑な色指定に大変だろうなあ。。。とも感じる。

 

 

スピリチュアルでも癒しの塗り絵が人気で、

さすがに曼荼羅塗り絵までは手がでないけれど、

 

自分の原稿が素朴な色鉛筆のカラーで埋まることは、

幸せである。

 

 

 

 

今日は久しぶりに晴れ☀️

 

 

 

日中外に出るのに勇気がいるが

 

昨日の日記にも書いてある通り、

最近は天候がずっとモヤモヤしていたので、

こんな日は逆にありがたく思える。

 

 

 

秋が近づいてきているとはいえ、

まだまだ夏日が続く。

 

 

 

 

 

今日は

午前中にかかりつけのお医者さんへ

やっとこさ行ってきた。🏥

 

 

外出する気になれず、ずっと足が遠のいていた。。。

 

 

 

 

先生と診察の時、ザ、無職‼️状態のことを話すと

同情してくださった。

 

長いこと行けなくて怒られなくてよかった。。。。

 

 

薬剤師さんにもしばらく間が空いていたことを

尋ねられたので、

 

正直に、無職状態になって、鬱で

とても外出する気になれなかったといった。

 

自分のペースで大丈夫ですよ、と言ってくれた。

 

 

世の中は優しい人が多いな。。。

 

 

ただ、もし今わたしが問題行動を起こして

職務質問で現在の職歴をたずねられたら、

 

「無職」なのだろうか。

 

それとも「主婦」なのだろうか。

 

わからないが、

 

わたしは無職と伝えるであろう。

 

 

今日は午後はずっと撮れていなかった

タロットカードのリーディングの動画を

二本撮影。

 

いい加減収入を得るために契約したいのだけど、

実務をする気にもなれずずっと野放しだ。。。

 

中には1万5000回もの再生回数の

動画もあり、有難いことかと思う。

 

 

ずっとサボり気味だったが、来月からは

新月、満月のリーディングも加えて

また行うつもり。

 

 

明日は娘のお稽古事に付き添いの予定。

 

娘は劇団に所属している。

 

 

知り合いの人も周りにいないので、

お稽古中の待合室ではわたしはぼっち状態である。

 

といっても、他の親御さんと自ら仲良くしようと

する気力さえない。

 

我が子の誰がオーディションに行ったとか、

演技がどうかとか、合否がどうとか

子供の成長がどうかとか、

 

 

今の私には遠いお話すぎて

処理しきれないことばかりなのだ。

 

 

演技も日舞もお歌もお稽古事としてやらせているだけで、

子供を今後芸能関係に入れるつもりもないし、

私自身、芸能関係には今は全く興味がない。

 

 

そもそも主人が劇団に入れさせたので、

普段は主人が付き添っているが、

明日はコミティアでスタッフとして出動することもあり、

私が代わりに行くだけである。。。

 

 

正直、行くと場違い過ぎてげんなりする。

 

 

周りのご両親の我が子にかける将来への期待度と、

自分のそれにかける気力のギャップが大きすぎて、

とても知り合いを作る気持ちも持てない。

まず話も合わない。

 

 

なので1人でポツーンと

練習風景のスクリーンを観察したり、

本を読んだりして過ぎている。。。。

 

 

その2時間の長いこと。。。。

 

 

ほんと、子供のお稽古事はめんどうだよなあ。。。

 

これから塾とかスイミングとか通わせるように

なるのだろうか。。。

 

 

そもそも、お稽古事って、

そこまで大切なものなのだろうか。

 

お稽古事のほとんどは「才」をはかるものである。

 

本人がやりたいというならまだしも

将来役に立つのかどうかわからない

ものにお金を使うのがもったいない、と感じてしまうのは

単にわたしの心が狭いだけだろうか。。。。

 

 

子供の可能性を見るのには多少の出費も

仕方ないのかな。。。。

 

 

そんな具合で前日の今から憂鬱だ。

 

 

早く明日の今になってほしい。

 

 

大気の不安定さと鬱。

ああ、

 

また雨が降り始めた。。。。。。

 

 

 

この1週間ほど、東京は大気が不安定で

1日のうちに晴れと曇りと大雨を幾度か繰り返している。

 

 

湿気もひどく、それだけでも体力が消耗されるのに

低気圧が空一面膜を張っているような感じだ。

 

 

 

大体この時期から9月ごろに向けて台風が発生しやすくなる

ことも影響してか、大気が不安定になると、

モロに身体に影響して

布団から起き上がれないことが多い。

 

 

今日も父子をやっとの思いで送り出したあと、

倒れるようにばたんきゅー。

 

 

 

食欲不振が夏中続き、今日も食べたのが

昨夜のお惣菜の残りのカボチャクリームコロッケのみ。

 

 

悔しいのに漫画に向かう、机に座ることもできなかった。

 

 

 

ひたすら眠り、目が覚めたらヒーリングをしたりして

身体を休ませた。

 

 

こんな日が、大気が大荒れになる秋の始まりに増える。

 

 

雨が降る前の気圧の変化が特に一番辛く、

立っているのも辛い時がある。

 

 

それは二十代の頃からそうで、

夜シフトのバイトをしていた時、

雨が降りやすく、1日のうちで大気が一番風呂荒れやすい時間帯、

特に夕方に丁度出勤時刻と重なるため、

出発間際までギリギリ寝転がって休んでいたことを

昨日のことのように思い出す。

 

 

不思議なことに雨が降り出すと、気分が軽くなる。

 

 

それまでが、まるで重しを乗せられているかのように

頭から圧迫感がきて、不安が強くなる。

 

 

8月から9月のこの時期は、本当にお天気と同じく

心も乱高下しやすい。。。

 

 

きちんとした食生活を。。。と思っても、

鬱がひどいと食事さえろくに作れない。

 

 

それでも自分しか作るものがいないのでなんとか振り絞って

適当に作っているけれど。。。

 

 

ネガティブな気分のままで無茶苦茶にテキトーに作ったものを、

娘が

 

「お母さんのご飯、いつも美味しいね‼️」

 

とか笑顔でいわれると、一気に罪悪感が押し寄せる。。。

 

 

ぜ。。。全然たいしたもんが作ってないぞよ。。。。涙

豆腐とか丼ものだぞよ。。。

 

 

ついでに、今夜は昨夜の親子丼の残りがあるので、

お素麺にするつもり。。。

あとはお惣菜に頼る。枝豆買おう。。。

 

 

今は昨日できたことが今日は全くできない、

といったことの繰り返しだ。

 

 

朝ごはん、洗濯、掃除機かける、食材の買い出し、

保育園のお迎え、夕ご飯、食器洗い、洗濯たたみ、子供のお風呂、世話。。。

といった

 

主婦としてのルーティーンは最低限だけこなすけれど、

それ以上のことは、元気でないとなかなか出来ない。

 

 

ひどい時は子供と接することもつらくて、

テレビにお任せの時も多い。

 

 

実は、

かかりつけの病院にもまだ行けていない。

 

本当は今月上旬に来るように言われていたのだけど、

とても外に出る気力がなかった。

 

 

 

40を迎えたこの夏は、ガツンとくることが

強くて路頭に迷ったような気分でどうやって毎日を過ごしていたか

覚えていない。

 

 

引きこもり、寝たきり、無気力、食欲不振

の日々である。

 

 

それが毎日だった。

 

 

毎年つまらない夏を過ごしている自分だが、

今年はずば抜けて魂が抜けたもぬけの殻の夏だった。

 

 

 

 

ひと月で7キロ近く体重が痩せ、

帰省をきっかけに少し太ったが、

今はまた徐々に減ってきている。

 

 

太っているので痩せたら単純に嬉しいけれども、

爪に不健康なサインが出る縦線が増えたり、

乳腺がズキズキ痛んだり、

お菓子が主食になると顔中に吹き出物やニキビがブワッと出る

ようになり、

不健康極まりない。

 

 

 

とにかく鬱がひどかった夏。

 

 

まだまだこの状況は、続きそうなので、

 

どんより曇り空を恨めしく思いながら、

 

 

明日こそは描けることを願って

 

 

 

ただただ、過ごす。

 

 

 

しあわせな午後と今後の目標。

昨日は久しぶりに作画に集中できる

 

状態になれた。

 

ああ、絵を描くことって、こんな感じだったな、

わたしの絵って、まだ下手やなー

 

そんな心持ちで午後の作画を過ごした。

 

 

 

 

今の目標は、週に二回、

 

「銀のノスタルヂア 天盤の章」を更新することである。

 

一回の更新で目標は8ページづつ。

 

そうすれば週刊連載の16ページペースを

1人でやることになるので、

結構鍛えることができる。

 

 

ただ、今の状態では一日に一枚かければ

 

大成功‼️

 

といった感じなので、じっくりゆっくり

机に向かうリズムを作ってゆこうと思う。

 

 

 

まずは週に8枚から目標に。

 

 

 

自分の作品が、無料でネット公開だけになること、

それはつまり、アマチュアになること

にかなり抵抗の気持ちがあったけれど、

 

 

お金をもらえなくても、

 

毎週一定ペースでプロと同じページ数を発表できる

能力を持つ、ということは、

 

それはそれでよほどのエネルギーがないと

できないことなのでは、、、、

 

それが達成できたら自分にとっても大きな自信に

なるのでは。。。。

 

 

 

 

と考え、今年の後半期の目標はそうすることで

過ごそうと決めた。

 

 

 

まずは数をたくさん作ること。

 

 

最初の最初の初歩、初心にかえること。

 

 

他の出版社の持ち込みなどに関しては、

もう今はやめようと思っている。

 

 

運命の巡り、というのか、そんな時期がきたら何とかなるだろうし、

また縁がなかったら、一生アマチュアでも

いいや、と思うことにした。

 

 

また、自分にとって魅力的だと感じる雑誌がない、

というのも1つだった。

 

 

 

一方、ネットの出版社は、今は無法地帯のようなもの。

今後、利益が作家にとって

プラスになる会社がどんどん立ち上がってきたなら、

そこに応募するかと思う。

 

 

(わたしが大富豪なら、作家の利益率が80パーセント

与えれるようなネット出版社を作りたいのだけど。。。

無念。)

 

 

 

今は自分が描ける漫画で、人に欲してもらえれる

ものを手探りで作ってゆこうと思う。

 

 

それにはもう長い長い時間がかかるかもしれず、

 

今後も色々惑うことはたくさん出てくると思うけれど、

 

 

描かねば、

 

 

 

と思う。

 

今日の日記。

今日は本当に久しぶりに朝食をみんなと

食べました。

 

普段朝食は抜いて、家族に給仕しているだけ

なのですが、

 

うつにはセロトニンが必須ということで、

 

そのセロトニンが作られる

 

納豆と温泉卵とアボガドをご飯にのっけて

韓国海苔亜麻仁油かけていただきました。

 

 

 

あと、セロトニンの王様、

バナナも🍌ひとつ。

 

 

ネットで情報を集めて、

どうすれば鬱から回復されるのか、

能動的に動こうという気持ちが湧いてきています。

 

 

ただ、本日も眠気が強く、

日中ずっと寝ていました。

 

 

特に午前中の睡魔がひどいです。

あの世にいってるのでは。。。と思えるほど、

夜の睡眠より質がいい、心地よい眠りです。

 

 

お薬が効きすぎているのか、

もう習慣になってしまっているのか、

一体原因は何なのかわかりませんが、

寝ることが中心の一日になっています。

 

 

できれば父子を送り出した後にでも

 

セロトニンを作り出す日光を思い切り浴びて

ウォーキングをすればいいのですが。。。。

 

 

朝から猛暑にひるみ、

結局保育園のお迎えに歩いているだけです。

 

 

ただ、

 

 

今までは何も考えたくない気持ちでいっぱい

だったけれど、

この2日で、そろそろ自分、やばいのでは。。。

動かなきゃいけない?という焦りが出てきていて、

それは良い方の焦りの感じ方なので、

実際動けるのもあと少しだと思います。

 

 

あれをやろう、

こんな習慣をつくりたい。。。

 

 

などという意欲も出てきているので、

無理せず少しづつ

インプットとアウトプットを繰り返して

ゆければいいな。

 

 

夜は親子で撮りためている

なつぞら」鑑賞。

 

やっとなつが結婚したところまで

行き着いた。

 

おんじに涙。

 

 

映画が失敗して窮地に立たされている

一久さんにシンパシーを感じます。。。。

 

 

 

今日はそんな感じの1日でした。