読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

逃避のお買い物。

f:id:misatohayashi:20170430150902j:plain

 

 

今日のひとりランチ。

フライパンだけでできる茹でないナポリタンとやりいか。

 

 

 

塩レモンドレッシング🍋にハマっております。

今の季節にピッタリで酸っぱくて美味しい。

 

 

f:id:misatohayashi:20170430142130j:plain

 

先ほど、逃避してきました。

 

産直売り場でカモミールを見つけたので、

癒されたくゲット。

 

以前作ったラベンダーシュガーを入れてハーブティー

します。

 

露地栽培のイタリアンパセリはモルモットのマシューに。

 

レオレオニのマグカップもネイビーとのコントラストが

かわゆくてお迎えしました。

 

雑貨って癒されますねえ。

虚ろな時は、お店で40分くらい徘徊します。

それだけでエネルギーチャージできる。モノって偉大。

 

今日は父娘は6時ごろ帰宅だそうなので、

これからうちの掃除と洗濯たたみします。

 

それだけで一日終わりそうで怖いです。涙

 

GWの予定。

f:id:misatohayashi:20170429114427j:plain

 

ゴールデンウィークに入りましたね。

 

みなさまはどのように過ごされるのでしょうか❓

 

こちらが作画の日々となりそうです。

 

5日の午後は主人がコミティアの前日設営に出向くため、

娘と一緒に遊ぶ予定ですが、それ以外は、通常運営。

 

なぜって、原稿が四月に終わらせるつもりが、

まだまだ終わらないからです。。。涙

 

先ほど、娘は主人と横浜の実家へ出発。

一泊して明日戻ります。

この2日は集中できる環境なので、ここぞとばかり頑張ります。

どうにも耐えられなくなったら、100均にでも行って

現実逃避してきます。

 

 

実はゴールデンウィーク中、

みなさん毎年恒例の八ヶ岳の別荘にしばらく滞在して、

わたしは一人東京に残って作画となるだろう。。。と

しめしめと思っていたのですが、

主人が「今年はやめておく」と決定を下し、

義父母を悲しませ、わたしも打ちひしがれました _| ̄|○

 

まあ、平日は保育園もありますし、

なんとかやりくりしよう。。。

 

 

写真はカオスの机にお迎えした子。

初めての多肉植物ちゃんです。

 

 

祖母たちへの百合。

f:id:misatohayashi:20170424184206j:plain

 

昨夜は深夜2時半まで作画していました。

 

おかげで今日はフラフラで仕事になりませんでした。

 

 

玄関の祖母たちへ百合を飾っています。

 

戸を開けると、高貴ささえ感じさせるかぐわしい香りに

こちらがいつも癒されております。

 

百合は蕾から花開く時が、もっとも美しい香りを

放つことを知りました。

子供のおやつ。

f:id:misatohayashi:20170425115523j:plain

 

保育園から帰宅したら、ちょびっとおやつを与えています。

お夕はんができるまで少々時間がかかるので。

 

写真はマルタさんのお菓子。

 

子育てに熱心な知り合いのお母さんから教えていただきました。

 

香料、着色料、化学調味料を使用しておらず、

アレルギーのお子様にもオススメ。

 

うちの子は海苔せんべいが大好きで、パリパリ食べております。

 

あと、うの花クッキーも優秀。

材料はすべて植物由来の食材で作られていて、卵不使用。

添加物もなく、シンプルなのに素朴で優しいお味。

私もハマっているおやつです。

(少々高額なのが悩ましいところ)

 

あとはイチゴや柑橘の果物、ヨーグルトでしょうか。。。🍓

 

主人の命令で市販のおやつは与えておりませんが、

あんまり神経質にならんでもいいんじゃないかな。。。

と思うのは、子供の頃から添加物まみれのお菓子を食べて

育った自分の感想。

 

 今でも自分一人のお昼はお菓子、というケースもあったりします。

 ダメダメな大人だとおもいます。

 

周囲をみても、今の子って、ちゃんと育てられているなあ。

蒸したお芋や、お豆腐がおやつだったりするのをみて、

親の我が子の身体への愛情を強く感じます。

 

そういう風に育てられている子って、大きくなっても

市販のお菓子を欲しないんですよね。

うちの主人がまさにそうです。

おやつは義母の素朴な手作りで、市販のものや駄菓子屋で売っているものは

一切禁じられていた主人。。。

今でもポテトチップスやポッキーとか、一切食べません。

身体に悪いからとな。

駄菓子屋大好きだったわたしには信じられんわ。。。😱

 

子供のために、身体にいいものを食べさせたいとは思う一方で、

スーパーの駄菓子屋コーナーで、ちっちゃな買い物かごを持って

入念に10円、20円のお菓子を選んでいる子供の光景をみて、

可愛いと思ってしまいます。

 

駄菓子の世界は偉大なり、

我が子も駄菓子から経済というものを学ばせたいもの。。。

とも同時に感じるのでした。

 

お肌ケア。

f:id:misatohayashi:20170425104913j:plain

 

冬に一気にシミが増えました。(゚o゚;;

 

原因は暴食偏食と、スキンケアのクリームが

あんまりあっていなかったのに、

もったいないからとずっと使い続けていたことでしょうか。。。

しかもそのクリームはボデイ用だったという。。。

馬油配合と謳っていたが、ほんのちょびっとしか入っていない

悲しい品だった。。。

 

もうすぐ四十路。。。シミシワは自然の摂理ですが、

やはり鏡で素顔を見るたび愕然とするんですよね。。。涙

 

 

ちょうど化粧水が切れる頃だったので、

とりあえず生活費の範囲内で美白を謳ったプチプラ化粧品を揃えました。

 

黒龍は使い続けるにつれて肌のトーンが良くなる‼︎という

アマゾンのレビューを信じ、思い切って購入。

 

おばあちゃんの化粧台の匂い、私は大好きな香りです。💕

明治大正昭和初期の女性の香りだと妄想できるので💕

 

メイク落としのクレジングはキュレルに絶対的な信頼を置いているので

不動ですが、他のラインがこれ、といったものが発見できず、

ジプシー状態が娘時代からずうっと続いております。

 

先日、マツコの番組に出ていた君島十和子がいうには

お肌の綺麗な美人はずっと同じ化粧品を使い続けているそうです。

自分にはこれとこれ、という不動のものが絶対決まっているそうな。

 

街を歩いていても、お肌がすごく綺麗なおばあちゃんもいるものなあ。

けしてお金持ちではなく、高価な化粧品も使っていなくても、

お肌が白くてふわふわしっとりの方に憧れます。

 

わたしもあやかりたいものです。

まるで血しぶきのように、肌にブワッ‼️と散らばっているシミを

早くどうにかしたいものだ。