下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

鬱に揺れた1週間。

f:id:misatohayashi:20170313084624j:plain

 

更新がなかなかできずすみません💦

 

実は今週は疲れと鬱がピークにきて、ずっとへばっておりました。

 

先週末、久しぶりに休日続けて外出し、それだけで

一気に疲れ、おまけに寒の戻りのためか、風邪をこじらせてしまい、

保育園の送り迎えと家事以外は寝込んでいたり、

気分の落ち込むも強く、ひっそりと我慢して過ごした1週間でした。

 

どれだけ心身弱いんでしょうか。。。

外出だけでどっと疲れるという情けなさ。

 

お祝い事や嬉しいことも、ストレスになるとはよくいいますが、

身を以て実感。

 

また、いつもお世話になっている教育テレビの、

だいすけお兄さんとかぞえてんぐとのお別れも、

切なさに拍車をかけました。。。

 

大好きだったんです、かぞえてんぐ。。。

あのキャラ、よく子供番組で出せたなあ。。。と感心しますが、

あの崩壊っぷり、変態っぷりは、その昔、全盛期だった少女雑誌

「りぼん」で、ロマンチックで華やかな夢や友情、恋心に満ちた

数数多の名作の中、「お父さんは心配性」という変態ギャグマンガ

発表させ、異彩を放っていた天才、岡田あーみん先生の画風を彷彿とさせます。

NHKの製作スタッフにも変人がいるものですね。。。感心しました。

 

 

 

 

さて、今週末は早くも入園式です。

明日入園準備でわたわたすることを思うと、ため息がでますが、

幸い主人が会社がお休みなので、保育園の送りを頼むことができ、

それだけでもほっとしております。

 

は‼️

あと訂正が。

何時ぞやの現在手がけている原稿の感性が12枚といっていましたが、

9枚の間違いでした。。。

のこり11枚分を今作っています。

こちらも道のりながしですが、前回よりかは作画ペースは

早くはなっているので、そのまま着地点に向けて情熱を絶やさず

狂って描こうと思います。

 

 

。。。。とにかく今はこの気持ちの落ち込みをどうにか

したいものです。

 

 

2度目のお誕生日会🎂

f:id:misatohayashi:20170326125230j:plain

 

先日の日曜日に、横浜の実家にて、

 

一足遅い娘のお誕生日会を開いてくださいました。

義弟親子までお越しくださって恐縮です。

 

娘と父、再びの父子共同作業。^^;

 

f:id:misatohayashi:20170326124936j:plain

 

この他にもステーキや懐かしい玉子とジャガイモ、ツナのゼラチン固めゼリー、

キャビアなどなどが出てきて、大人にとっても有難い一日でした。

アンパンマンごはんは私が作りました^^;

 

しかし。。。

今はお誕生日って必須イベントなんですね。。。

子供だから当然のことなのですが、

2度までも開いてくださることに恐縮しかりでした💦

 

娘もとっても嬉しい思い出となったと思います。

 

この日は寒の戻りと雨で冬のような寒さでしたが、

お家の中は暖かい灯火にあてられた1日でした。

 

 

卒園式🌷

f:id:misatohayashi:20170325102156j:plain

 

本日、卒園式が行われました。

 

娘も無事に卒園でき、園のみなさま、先生方、栄養士の先生に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

卒園証書をいただくとき、元気に「ハイ‼️」

といって受け取りに行く娘に成長を感じました。

 

今まではたくさんの人たちが集まっていると気圧され

泣きじゃくっていたので。。。^^;

 

f:id:misatohayashi:20170325110505j:plain

 

帰りは汐入公園に行って、早咲の桜の下でお花見です。

 

桜の花びらを拾ったり、お花を食べている鳥さんを観察したり、

野原を駆け巡って楽しく過ごしました。

 

母はその光景をみつつ、たこ焼き〜💖

 

さくらの下で食べるたこ焼きは最高です‼️

美味しかった‼️

 

f:id:misatohayashi:20170325113058j:plain

 

 

卒園おめでとう🎈

 

。。。。といっても、

来週も園には通うのです^^;

31日までお世話になれることを、昨日しりました。

 

あとしばらくよろしくおねがいいたします。

 

 

金曜日は絵本の時間。21

f:id:misatohayashi:20170323221921j:plain

 

 

しばらくご無沙汰でしたが、久しぶりの絵本の感想です。💦

 

テーマは春〜。( ´ ▽ ` )

また、新しい才能との出会いもありました。

最近買って読んだものを駆け足でありますが紹介します。

 

 

 

14ひきのぴくにっく (14ひきのシリーズ)

14ひきのぴくにっく (14ひきのシリーズ)

 

 

★★★★★

 

大好きな14匹シリーズ、ピクニック編‼️

 

ネズミくんたちが春の野原へ遠足へでかけるお話です。

シリーズの中では個人的に一番好きな作品。

 

春の野の花、たくさんの動物、虫たちが生き生きと描かれていて、

作者の温かい眼差しに感動を覚えます。

どれもネズミ目線で描かれているんですよね。

すごい観察力です。

 

一冊でたくさんの野の花が出てくるので、言葉を覚えている

時期のお子様にもぴったりではないでしょうか。

 

 

はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 

★★★★

 

古くからある絵本のだそうで、冬ごもりをしている動物たちが

はなをくんくん、やがて穴から出てきて、

小さな春を見つけるお話。

 

森を駆け抜ける動物たちの多さに圧巻  笑

とくにカタツムリが大量に出てくる場面は頭に刻まれそうです。 笑

 

よるのかえりみち

よるのかえりみち

 

 

★★★★★

 

ボローニャ絵本ラガッツイ賞優秀賞受賞。

 

これは素晴らしいと思いました。

ものすごくいいですよ、この絵本。

 

夜、母親に抱っこされて帰っているうさぎの子供の視点から、

あらゆる家庭の夜の音

料理の匂い、静寂の中での安息をまどろみとともに感じつつ

帰途につき、眠りにつくお話なのですが。。。

 

画力が本当に素晴らしい‼️、

 

画面はほとんど黒ですが、とても効果的に光の色が

つかわれていて、温かみを感じます。

文章も最低限に抑えられていて、2歳児にも

読み聞かせでき、子供がよく持ってくる本です。

寝かしつけにもぴったりですし、

大人がゆっくりと夜寝る前にページをめくっても、

幸せを感じます。

 

絵のデッサン力、伝える力、言葉の力、読者の共感性、

すべてにおける安定感を感じられる傑作だと思います。

 

 

もりのおくのおちゃかいへ

もりのおくのおちゃかいへ

 

 

★★★

 

よるのかえりみちの作家さんです。

こちらは文章が長めで、絵とぶつかることが多く、

もっと短くできるんじゃないかなあ。。。

と少し残念にかんじた一冊。

 

黒を基調とした独自の表現方法はもう

確立されていたんですね。

 

作中に登場するケーキが美味しそうなこと‼️

 

わたし ようちえんに いくの

わたし ようちえんに いくの

 

 

★★★★

 

来月から新しい保育園に行く娘に、ささやかに購入。

 

くつ、ちゃんとはけるかな。。。

お友達ができるかな。。。

 

幼稚園に不安を怯える娘に、園ではどんなことをするのか、 

 丁寧で温かい絵柄で1つ1つ教えています。

 

おもちゃで遊んだり、粘土で遊んだり、絵をかいたり、おやつを食べたり、

動物のおせわをしたり、水遊びや滑り台で遊んだり。。。

どれをみても楽しそう‼️

 

子供はいいな。。。遊んで1日頑張りおわるんだな。。。

とぼんやり羨ましくかんじる本でもありました。笑

 

 

うさぎのおうち

うさぎのおうち

 

 

★★★★

 

1960年代にアメリカで発行というのだから随分古い絵本ですが、

画面いっぱいに広がる春の野原と、うさぎの細密な絵柄が

子供の興味を引くことでしょう。

 

今読んでもまったく色あせていないクオリティだと思います。

あらゆる生き物のお家を訪問しながら、

うさぎのおうちをさがすお話。

 

文章も短いので、1、2歳の読み聞かせもぴったりです。

作者は有名なマーガレットワイズ。彼女独特のあそび言葉も健在。

 

 

 

マールとおばあちゃん

マールとおばあちゃん

 

 

★★★★

 

認知症になってしまったおばあちゃんと、孫のマールとの、

心温まる優しい毎日を綴った作品。

 

表紙の絵が素晴らしくて購入しました。

中身をみると、美しい色彩のグラフィックで、おばあちゃんと

マールとの距離感を見事に表現しています。

特に花や動物に隠された意味と、物語の奥深さを

じっくりと味わって読んでみたい作品。

 

文章も多く、けして幼児に読み聞かせできる量ではありません。

大人が読んで感じ入る絵本だと思います。

 

画家のヴェルメールはまだ81年生まれ。 

 

新しい技術を駆使した世代が登場したなあ。。。と

しみじみ感じ入りました。

 

 

ぴっぽのたび

ぴっぽのたび

 

 

★★★★

 

孤独なカエルのピッポが、羊さんと12の月の夢を

駆け巡るファンタジー。

 

こちらも絵が素晴らしい‼️

見開きごとにそれぞれの月が豊かな色彩表現でえがかれています。

特に美しいのは8月と9月。

 

旅を続けるごとにピッポは自立に向けて歩み出すのですが、

大事なお友達を置き去りにしてしまいます。。。

 

イタリアで活躍されている日本の絵本作家さん。

逆輸入という形で日本で発表されましたが、

もっとたくさんの方に読んでほしいと思うほど。

 

 

 

 

今回は新しい才能の出会いに瞠目しました。

みやこしあきこさんは82年生まれ。ヴェルメールは81年生まれ。

刀根里衣さんは84年生まれ。

 

過去の表現方法を踏襲しつつ、デジタル、グラフィックデザインを取り入れ、

鮮やかな色彩感覚を持つ世代が登場したという印象を受けました。

色づかいが今までにないほど突出しているというのでしょうか。

 

70年代生まれの自分とはまったく違う、新しい感覚。。。

ああ、もうカラーが美しくないと表現者としてはダメなのか。。。

と落ち込みもしつつ。。。^^;

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

 

 

 

 

さようなら桜通り。

f:id:misatohayashi:20170316182653j:plain

 

通っている保育園での生活も、あと残り数日となりました。

 

東京は桜の開花宣言がなされ、ゆるゆると春模様。

 

 

 

園の送り迎えの時、道中に咲く地区のボランティアの方が植えた

花々を娘と一緒に楽しんでいます。

 

今日の夕方は特に陽光が穏やかで綺麗で、

感動しながら帰途につきました。

 

いつも通っていた桜通りもあと少しでさよならするのは

名残惜しい気もいたしますが、この一年を振り返りつつ、

春の風を吸いながらゆっくり歩いて行こうと思います。

 

写真はいたずらっ子の一枚。

 

消毒スプレーを手に持って。。。

 

f:id:misatohayashi:20170316182707j:plain

 

加湿器のうさぎちゃんに興味を向け。。。

 

f:id:misatohayashi:20170316182718j:plain

 

蒸気にスプレーしてみたり

 

(余談ですが、イタズラしているときの子供って、

どうして受け口になるんでしょうね。^^;)

 

 

f:id:misatohayashi:20170316182841j:plain

 

うさぎちゃんとおしゃべりしてみたり。

 

 

和菓子が好きなのか、中日さんでは園できなことあんこの

おはぎを7個も食べたようです。

 

お花が好きで、甘いものが好きで、キラキラしたものが好き。。。

最近ではポシェットを持ち、母のネックレス、ピンを持ってつけてみたりと、

どんどん女の子になっているなあ。。。と思います^^;