完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

夜桜さんぽ。

f:id:misatohayashi:20160401165443j:plain

 

「こんな夜は桜を見ながら夢遊病のように彷徨いたい。。。」

 

と、昨夜疲れた溜息をついて呟やくと、

ではおさんぽと行きましょうか、ということで夜桜に会いに出かけました。

 

 

平日の夜10時。

夜に子供を連れ出すことは絶対しないのですが、今夜はまあ特別ということで、

この日満開のニュースが出た東京のソメイヨシノを一緒に見にいきました。

 

f:id:misatohayashi:20160331224355j:plain

 

素晴しく美しかったです。

iPadで撮影したのでひどく写りが悪いですが。。。

桜の1番美しい瞬間の夜。

なんだかため息が漏れるほど幻想的で綺麗でした。

まるで花の妖精が静かに生きているかのような。。。。

 

家族と一緒に見るのも楽しかったですが、一人でフラフラ彷徨い歩いても最高だろうなと思いました。あとはビールか日本酒でノラ猫と一緒に一杯やるのもオツかなと。隅田川の端っこなうえに平日なので全然人も歩いておりません。

 

 

幽玄の世界にいざなわれる。。。(´-`).。oO

疲れているのか、なんかもうどこでもいいから薄紅の世界に連れていってくれ。。。とさえ思いました。本当に美しくて。花って生き物なんですね。

魂が宿っているんだなあ。。。

 

宮沢賢治だったらこんな夜はメモ帳持って、ずっと歩き続けそうやな。。。とぼんやり思いつつ。

 

いい春の夢がみれそうです。

 

f:id:misatohayashi:20160331224449j:plain