読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

火曜日は絵本の日。その1

 

f:id:misatohayashi:20160412225624j:plain

 

毎週火曜日は絵本の日。

やたらと本好きな娘。

日々、これ読んで❗️と本をわたしに投げつけてきて(涙)催促してきます。

わたしの母も惜しみなく本を買ってくれました。

その伝統❓を受け継ぎ、毎週火曜日に2冊ほど買い与えて反応を見ています。

 

大人になった今、絵本の世界のシャワーを浴びていることに深い幸せを感じています。

なので、子供用と称して自分用に買っていたりもします。(^_^)☆

 

 

 

ということで、ここでも毎週2冊づつ紹介しようと思います(^^)

 

今日はこの2冊を。

 

 

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

 

 

荒井良二さんの素晴らしい色彩の光を感じられる作品。

 

世界各地の朝の風景が迫力ある絵で表現されています。

絵本というより、アートですが、1ページ目からドーンと広がる朝の山の風景に感動。

子供も好きな一冊で、裏表紙にあるピンク色の中で佇むわんこにも注目です。

朝のスタートに是非読みたい一冊。

大人でも、朝の空気はどんなに清々しいのか、世界はどれほど美しいのか、1日がはじまることがどれほど幸福なのかを、ページを埋め尽くす光の色を見て味わえるのでないでしょうか。

この色彩のプリズムを大型本で味わえるのも嬉しいです。

 

行数は一〜二行。

 

 

がたごとがたごと (絵本・こどものひろば)

がたごとがたごと (絵本・こどものひろば)

 

 

ファンも多い電車本の傑作。

子供よりわたしが夢中になりました。

 

いろんな人たちが発車する電車に乗るのですが、

がたごとがたごと。。。。

電車はあらゆる場所へ連れていってくれます。

それは山奥だったり、昔の時代だったり、なんと地獄だったり‼︎

そして降りる駅では、乗っていた人たちはいつしか動物や妖怪に変化しているのです。

 

とにかく乗っている人たちの描写が面白い❗️

にぎやかで、ひょうきんで、いつまでも見ていて飽きません。

女の子より男の子の方がウケるかも。絵柄も素朴で昭和感満載です。

 

行数は一行。

「がたごと」「電車にのります」など。

 

 

紹介した本は絵本ナビで試し読みできます。(^_^)

 

絵本らぶ❗️

 

f:id:misatohayashi:20160412225600j:plain