完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

旅の準備とモルモット。

今週の中頃から八ヶ岳まで行くことになりました。

 

何度もつぶやいていますが、私は旅が苦手です。(~_~;)

 

パニックを発症したのが旅先だったトラウマもあるし、日常から非日常の世界へ飛び出す恐怖感。

知らない土地に身を置く不安定さ。

身体が自由にならない恐怖の移動時間。

 

すべてがハードル高いです。(涙)

 

しかも滞在先は義父母がしばらく住む別荘。(⌒-⌒; )

(友人が所有している別荘を毎年管理がてら借りて過ごしている模様)

 

旅はしんどいわ気をつかうわでいつもだったらまず丁重にお断りするのですが。。。

 

八ヶ岳=大自然

 

・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

という条件が見事にわたしのハートを貫き、四泊五日の旅に出ることにしました。

 

 

東京に帰ってきて1ヶ月半。

森や山や川がとってもとっても恋しかった。。。

 

夢も実家にいる夢ばかりみたり、実家にいたときは頻繁に行っていた読経も、東京にきてからというものぱったりやめてしまった。

 

 

やっぱり息苦しい。。。

どこかで大きく呼吸をしたい❗️❗️

鳥が森で木霊す声を聞きたい❗️❗️

 

そんなメンタルの悲鳴が旅=行きたくないというハードルを大高飛びで凌駕したのでした。

 

 

しかし。。。

旅にはそれに向けての準備が大変。

特に子供やペットを飼っているとかなり悩ましい事態に遭遇します。

 

 

 

今回はマシューをかかりつけの病院がやっているペットホテルに預けることにしました。

強面のお医者さんですが、ペットを診る丁寧さはしっかりしています。

モルモットはエキゾチックアニマルという部類に入り、いつもと異なる環境に身をおくと、ストレスで病気になったりご飯を食べなくなったりします。

(特にストレスに弱いうさぎは預かれないといっていました)

できるだけ普段と変わらない状態で飼育するためには、ケージごと預ける必要があるのです。

そして、いつもと変わらない牧草の量と野菜、ペレットも充分に必要。

 

ハムスターやウサギ、モルモットやハリネズミ。。。といったエキゾチックアニマルは、比較的安価なので安易に購入できますが、飼育するには忍耐が必要です。

トイレのしつけができないので必ず毎日ケージの掃除をしなければいけません。

犬や猫のように預けられるペットホテルも少なく、万一病気のときに見てもらえるお医者さんも少ないのです。

 

私が飼っている長毛種のモルモットは毛がすぐに糞尿で汚れてしまったり絡んで毛玉ができるので、かかりつけのお医者では週に一度のシャンプーをするようにいわれております。

 

マシューと離れるのは1年前出産のときに入院していたとき以来。

そのときは主人が面倒を見てくれました。

今回は知らない場所で五日間。

もし体調を崩したら。。。と気が気でありません。

 

また、病院までケージごと持っていくことに、車を持っていない我が家ではどうするべきか家人と悩んでいました。

マシューのおうちのシャトルケージは横にも縦にも大きい❗️

 

台車を使って向かおうとしていたのですが、ありがたいことに、主人の会社では社用の車を借りられることができるので、それを利用することにしました。

 

そういったもろもろの相談と、今日は預かり中に与えてもらうマシューの野菜をどっさり買い込みました。

子供がいると大量に食品が買えないので、一人で動けるのは休日しかありません💦

野菜はそのまま冷蔵庫に入れるとすぐに傷みます。

日持ちさせるきちんとした保存方法をひとつづつネットで調べて丁寧に保存。

 

そして、出発までにマシューの飼育方法やご飯の種類や野菜、ケージの掃除の仕方などを細やかに手紙に書かねばいけません。

また、病院ではストレスに弱いモルモットを預けている間、万一のことがあった場合早急に診療はしますが、最悪の結果になった場合責任は負いかねます、と伝えられたので、

そのときに遭遇したとき、

「これは飼い主である私が責任を持って飼えなかった」

 

と認める覚悟も。

エキゾチックアニマルは本当に安直に飼うべきではないのだな。。。と改めて実感しました。

 

 

さて、

私たちの旅の荷物はあらかじめ預かってもらうことになり、娘の分も一緒に荷造りもしました。

滞在するところは山の上なので、冬の装備が必要。

クローゼットからすでに衣替えを終えて眠らせていたセーターやポンチョを引っ張り出し、旅行鞄に詰めました。

 

そんなこんなで結局旅の支度をして休日が終わりました(涙)

 

疲れで手がガクガク震えながら、作画時間が4時間しかとれなかったときは、

ここまでして旅にでたいのかな。。。

いつもの変わらない毎日でいいんじゃないかな。。。。

マシューも心配だし。。。。

 

と挫けそうになりました。(ー ー;)

今日やっとまともなご飯を食べたのはなんと夜中の24時過ぎでした。。。

 

 

ゴールデンウィークに旅に出るのは10年ぶり。(おそらく)

なんとかひと段落ついたので、やっと眠れます。

 

どこまでもインドアな自分ですが、山の研ぎ澄まされた空気をたっぷり吸って、のんびりしてこようと思います。