読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

火曜日は絵本の時間。その5

娘の慣らし保育園が始まりました。

 

泣くよ〜すごいよ〜とは言われていましたが、昨日の初日は私が一緒にも関わらず、凄まじい泣きっぷりでした。(^_^;)

 

植物園にてお散歩中も、お帽子をかぶされた途端泣きわめき、みなのように歩くわけでもなく、うずくまって石ころを拾ったり。。。。

唯一目を輝かせていたのが、お昼ご飯のときだけという。。。涙

 

明日から母から離れて午前中2時間過ごすわけですが、ひどくうろたえそうで今からヒヤヒヤしています。

わたし自身も新生活に慣れておらず、早くも疲れがでています。*1..zzzZZ

 

早くお仕事ができる環境にシフトしたいものです。。。

 

さて、今日は絵本の日。

最近買って感動した2冊を紹介します。(=´∀`)人(´∀`=)

 

 

みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

 

 

大好きな五味太郎さん。

生き物だったらみんなするうんち。

 

あらゆる動物がどのようにうんちをするか、楽しくわかりやすく描かれています。

へびのお尻はどこ❓

クジラはどうやってうんちをするの❓

大人でも、あれ❓なんだっけ❓と疑問を喚起させてくれます。

文字も大きいです。

 

それにしても子供って、とっても下ネタ好きですよね。。。

うちの子もよくこの絵本を読んで❗️と持ってきます。

しかも食事中に。。。。

 

 

 

ふたりで しゃしんを     くまのアーネストおじさん

ふたりで しゃしんを くまのアーネストおじさん

 

 

「アンジュール」で有名なガブリエルバンサン。

 

 

アンジュール―ある犬の物語

アンジュール―ある犬の物語

 

 実はこの本は未読です。

 

なので、初ガブリエルバンサンは、くまのアーネストおじさんとセレステイーヌの本著。

わたしはこの絵本を読んで衝撃を受けました。

絵が素晴らしい❗️❗️

本当に素敵❗️うまい❗️

 

この世にこんなに素敵な本があるなんて。。。。Σ(・□・;)

 

世界名作劇場とかジブリが好きな方ならきっとはまると思います。

 

くまのアーネストと一緒に暮らしている黒ネズミのセレステイーヌ。

ある日、戸棚からアーネストの古い写真を見つけて。。。

 

写真に出てくるアーネストと一緒にいる白ネズミへのセレステイーヌの微妙な感情を、漫画のようにコマを割ってサイレントで描いています。

その愛らしい表情や動作に読んでいるこちらもきゅんきゅんしてしまう。

 

心優しいアーネストは最後、セレステイーヌのために素敵な提案をします。

オシャレをして写真館にいこう、と。

まるで親子のような、恋人のような二人の関係。

シリーズ化しているので是非揃えるつもりです。

 

残念ながらアニメや漫画が好きではない娘は本著はわからないみたいです。

いえ、この絵本はむしろ大人になった自分が楽しむもの。

ヨーロッパの乾いた背景。セレステイーヌのフワフワドレス。

セピア色の写真。擬人化したら絶対ナイスガイになるであろう中年くまのアーネスト。

すべてが個人的な萌えポイントばかり。笑

 

翻訳が読みやすくていいな〜と読んでいて感じたのですが、

エリックカールのはらぺこあおむしや、しろくまちゃんのホットケーキの文を書いたかただったんですね。もりひさしさん。

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作

 

 

 

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 

 

 職業柄ガブリエルバンサンの絵はとても参考になるので色々集めてみようかと検討しています。

ラフに描いているのに、見事にはまっているデッサン力。

何度眺めても飽きません。

脱帽です。

 

 

*1: _ _