読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

保育園と産休明け。漫画制作とSNSへの自戒。自分のルール、など。

今日からやっと慣らし保育が9時~午後3時になりました。

 

保育士さんからは、

6月から入園時契約していた8時~午後4時半までの保育にしましょうとのこと。(*´v`)

 

今月5月5日に入園できたものの、

一週間娘が熱と嘔吐でお休みしたり、前回はわたしがダウンしたりで、

結局慣らし保育は延びに延びました^^;

 

新しい場所への子供の慣れや、私自身の生活リズムを作る上でも

やはり一か月は必要なんだなあ・・・と痛感。

 

けれど、早起きにはなんとか慣れました!!

今は早くて6時、おそくて6時半に起床できています。

 

 

しかし・・・8時登園になると、

恐怖の5時~5時半起きになります。

 

 

ご飯作り、娘に食べさせる、娘の着替え、検温、おむつ、うんち

登園準備、あゆみの記入、日焼け止めクリームを塗る、

そして自分の朝ごはんとしたく

登園距離はベビーカー押して片道30分。

これらのことをやっていると、朝は一瞬で過ぎ去るので結局3時間は必要。

 

 

ふう・・・大変じゃのう・・・・(`゚Д゚´)ゞ 

 

 

専業主婦で育児をやっていても

膨大な時間を常時子供の相手をしなければいない

責任とプレッシャーと疲労度がストレスフルだし、

働きながらだと、とにかくゆっくりする時間がない!

やることが膨大で常に時間に追われなければいけないあわあわ感が大変だな・・・

ということがわかりました。

 

結局はどっちも大変。

両方とも経験できることはよかったなあ。^^;

 

実家に逃げ帰ったときは一日に4~5時間作業時間は取れていたんですが、

東京に戻ってからは、もうほとんど時間は取れませんでした。

とくにこの1か月はイライラしても仕方がない・・・時期を待とう・・・と

仕事はおいといて、慣らし保育と子供との時間、家事だけに集中したのでした。

 

でも改めて実感したことは、母親だけでは育児は無理だということ。

夫、おじいちゃんおばあちゃん、地域の保育施設・・・

いろんな人に見てもらわなければ、いつかは母親のほうが身体を壊してしまうのではないでしょうか・・・。

 

 

 さて・・・

 

まだまだ子供が熱を出したり、いろんなウィルスをもらってくる時期なので、

まったく安心はできませんが、

 

6月からは、まとまったお仕事にかかる時間がとれそうです。

 

 

 

会社勤めをされている方の言葉を借りれば、

「産休明け」

です。

 

 

今のところ6月からのタイムスケジュールは

 

 5時半までに起床。

8時に保育園に預けて、8時半に帰宅。

30分洗濯干しと食器洗いをして、お茶をしたあと、

9時から夕方4時まではお仕事にかかれる予定。

4時半までにタイムカードを押さねばならぬので

実質的には3時50分くらいまでかな。

 

 

保育園がお休みの土曜日は、家人が出勤の日はわたしが面倒をみて、

出勤でない日は家人メインで育児。

私はやり残していた家事と離乳食のストック作り。仕事が押しているときは仕事。

日曜日は全休。

月に1度は土日に横浜の実家へお泊りに行ってもらい、

わたしは自分の体調回復と仕事に集中する予定です。

 

そして、保育士さんと話し合って、締め切りがおしてきた一か月は

8時~夕方6時までの保育契約ができるそうなのでそうするつもりです。

 

 

日々の保育園からの帰宅後は、仕事はせず、娘との時間を大切にします。

朝が早いので夜は仕事はしません。

 

 

なので実質的な仕事時間は1日7時間。

多くの漫画家さんが1日に作画時間を10時間~14時間ほどとっているのに対し、

圧倒的に少ないですが、

 

この1年半時間がまともにとれなかったジレンマを思えば、

十分すぎるくらいの時間です。。・゚・(ノД`)・゚・。

また、意地悪い言い方ですが、

10時間以上作業している方でも、絶対眠気で意識飛んでるときや

ネットやラインやSNSに夢中になり、

トータルで数時間作業できていない実態を考えると、

無駄なことに時間を使わなければ、自分の頑張り次第で

ノルマを描きつづけることができるのだと思います。

イメージとしては、

 

「今日の夕方3時半が〆切っスからあああああ❗️❗️ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘」

 

。。。という時の異常な集中力ですね。。。

 

 

 

しかし女が子供産んで元の生活に戻ろうとするには、

ずいぶん時間と労力がかかるもんだなあ・・・

 

 

時短と己の省エネのために

ツィッターやめてよかった・・・(。-_-。 )

 

ごくごく個人的な意見ですが、

あれは賢く付き合わないと漫画家を

プロの仕事から遠のかせるのではないでしょうか。

己と向き合って、丹精込めて作品を描くことが

作家にとって一番の仕事だと思うのです。

自戒の念をこめてそう思います。

 

漫画家はとても孤独な仕事だからSNSにはまってしまう人は多いのでしょう。

一面では多くの人と交われたり、有益な情報を得れたり、

災害時には大事な支えになったり、いいところもたくさんあります。

 

けれど、作家の仕事は個人の言葉を発することではなく、

作品を作ることに尽きます。

これは肝に銘じておきたいな、と決めております。

 

・・・なんだか偉そうに書いてしまったけれど、

これは育児中「在宅なのにまとまった仕事時間がとれない」

ことを経験したうえでの結論です。。。( ´・_・`)

 

 

でも自分のダラけたブログもそうなのだろうなあ・・・。

私には日記は日々の食事と同じくらいなくてはならないものだけど。。。

朝早く起きるためにも少し短めにしないと・・・。

 

 

とりあえず、仕事再開に向けて肝に銘じていることは、

 

かぎられた時間の仕事中は、資料探し以外でネットをしない

 

ことかしら。

 

 

ああそうそう、時短のために、

6月からは昼ごはんは基本つくらずに前日買っておこう・・・

(これも素直な本心。うんうん)

 

 

 

つらつらと書いてしまいましたが、

とりあえず、

 

来月にはお仕事にかかれますよ~

ということを書きたかっただけなのでした。

 

ではでは!