読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

七夕の災難。1歳4か月。

 

珍しく七夕の日に快晴になりました。ヾ(o´∀`o)ノ

 

毎年この時期は雨なのでラッキーですね!!

織姫も彦星も逢瀬を楽しんでいることでしょう。

 

さて・・・

人間界の娘が行っている保育園では、

今日は七夕そうめんとキラキラ星ゼリーを食べるそうです。

七夕のお願い事も書きました。

いいですね~。(´∀`*)

 

まだ一歳なのでうちではやりませんが、もう少し大きくなったら

おおがかりに七夕行事をやろうと思っています。(*’v`)b

行事大好き人間なんで。

 

 

小さいころ、7月になると祖父や父が山から大きな笹を刈ってきて、

祖母と一緒に折り紙や新聞に入ってる広告で飾りを作り、

七夕飾りやお願い事をつるしていたんです。

 

そして七日の早朝に一緒に川に流しに行きました。

 

朝もやの中、田圃の中を笹をもって祖母と誰もいない川へ行く途中、

静かさと清涼な空気を感じて、とても綺麗な気持ちになった記憶があります。

 

 

今では川にものを流すことは禁止だし、都会では笹さえも見つからない・・・。

行事を楽しむのに困難な時代となりました。

 

でもまあ、街なりの行事の愉しみ方はあるので、それを味わおうと思います。Σd(ゝ∀・)

 

さて・・・

 

私のほうはロマンチックな七夕どころか、

 

今日は朝から災難続きでございました。Σ(|||▽||| )

 

 

その一 保育園に毎日提出する「あゆみ」を忘れてしまう。(これはまだよい)

 

その二 帰宅中、スーパーで買ったしめじ(58円)をうっかり道で落としてしまう。

    (これもまだマシ)

 

その三 鍵を持って出るのを忘れて、家に入れず、パニックになる。

    (重度)

 

その四 しかも、携帯まで家に忘れてしまい、お手上げになる。

    (顔面蒼白)

 

その五 仕方なくマンションの管理人さんに助けてもらい、住人名簿から主人の携帯を

    調べてもらい、携帯を借りて連絡する。

    (冷や汗)

 

その六 今年一番の猛暑の中、駒込駅までむかい、

    そこで待ち合わせた主人から鍵を貸してもらう。

    (溶ける)

 

 

常磐線、山手線と乗り継ぎ、鍵をもらってまた引き返し、最寄りの駅から

熱帯のような道中を戻り、やっとおうちに入れたああああ!!!というころには

お昼の11時45分。Σ(|||▽||| )

 

保育園へ出発したのは7時半なので。。。。

午前中いっぱいロスしたことになります。(´Д`;)

・・・・なにやっとるん・・・・・・。

・・・・ええ、全部わたくしのせいなんですがね・・・。

 

幸い主人の今日の出勤先がたまたま近場(といっても駒込付近)だったので

まだよかったです。

これがいつもの千葉とか埼玉とかだったらもうアウト。

一日日照りの中を、塩をかけられたナメクジのようにオロオロ放浪する身

だったことでしょう・・・・。

 

もちろん緊急で鍵をあけてくれる会社はありますが、あれ、何万もしますよね。

えーと、きくところによると、3~5万くらい??

 

 さ・・・・・・ッ

 

 

鍵を開けてもらう=一か月分の食費代 Σ(||゚Д゚)

 

 

 

。。。。ナメクジになってもいいや。

 

 

 

・・・・そんな感じで、

今日は仕事開始を午後にし、今この日記を打っています。

なんだかやる気が失せちゃった・・・・。ふふ・・・・。(=∀=)

 

でも、駅に行けたおかげで文具店にも寄れ、在庫がなかった画材を買えたので、

ラッキーと思っておきます・・・。(´ー`A;)

 

 

あ、そうそう、先日娘は1歳4か月を迎えたのですよ。

 

一年前はこのような具合だったのが・・・

 

f:id:misatohayashi:20150607105057j:plain

 

 

 

 

今ではこう。

 

 

f:id:misatohayashi:20160707131217j:plain

 

 

 

え・・・・・!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

同じ・・・子なんだよ・・・ね??

 

0歳から1歳って、こうも変わるものかとただただ驚いております。