読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

火曜日は絵本の時間。その11

火曜日は絵本の日。

f:id:misatohayashi:20160719220311j:plain

 

保育園で夏風邪が流行っているそうで、我が子ももらってきた模様。´д` ;

休日から高熱が出て、喉も腫れているので本日は保育園をおやすみさせました。

 

 

お医者に行くと、やはり夏風邪にやられた子供達がいっぱい❗️

外まで待っている親子がいたりして、診察まで1時間待つ羽目に。。。f^_^;)

 

猛暑の中よくぞ長時間耐えてくれました。ε-(´∀`; )

この時期は子供の体調が崩れやすいので親も大変ですよね 涙

 

明日も様子見で保育園はどうなるかわからず。。。

仕事が全然進んでいないことに大きな焦りを抱いております(ー ー;)

 

 

さて。。。。。。

今日は火曜日ですので、

 

本日は食べ物の絵本を中心に、4冊ざっと紹介します〜。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

おべんとう (幼児絵本シリーズ)

おべんとう (幼児絵本シリーズ)

 

 

見ているだけで幸せになる絵を描かれる小西栄子さんの絵本。

 

「サンドイッチサンドイッチ」もすてきですが、

本著もお弁当が作られてゆく工程を温かいタッチで描いています。

読んでいるとお腹が減ってお弁当が作りたくなる❗️

1歳児の子も何度も読んで❗️と持ってきてくれます。

育児に疲れているときでも、読みやすく、我が身も癒される名著。

新作を心から熱望しています。

 

 

 

めしあがれ (視覚デザインのえほん)

めしあがれ (視覚デザインのえほん)

 

 

赤ちゃんのときに購入した一冊。

実は買うとき悩みました。

 

描かれている絵はぜーんぶお菓子❗️

ケーキにアイシングクッキーに、ドーナツ、お団子、フルーツパフェ。。。

赤ちゃんや1歳児にはまず食べれない(個人的に与えない)ものばかり笑

けれど、ひとつひとつ丁寧に描かれたお菓子の絵に夢中になっている子供をみて、

買ってよかったと思いました^ - ^

いつかこの本に描かれているような幸せな気持ちになれるお菓子たちを、

一緒にお茶できるといいなあ。。。と思いつつ読ませていただいていおります。

 

 

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

 

 

野菜たちがマラソン大会❗️

絵本で野菜の名前と形を覚えるのにぴったり。

温かい絵柄もいいですね。^ - ^

 

デッシュや唐辛子、パセリ。。。といった子供には見慣れない野菜も

登場するので、そこが良いかも。

言葉も韻を踏んでいるので読みやすく、賑やかで楽しい雰囲気の絵本です。

 

 

ペネロペおはなしえほん (2) きょうはなにするの、ペネロペ (ペネロペおはなしえほん 2)

ペネロペおはなしえほん (2) きょうはなにするの、ペネロペ (ペネロペおはなしえほん 2)

 

 

教育テレビのアニメもかわいい、ペネロペのおはなし絵本。

表紙はとても地味ですが 笑

中は楽しいですよ❗️❗️

ペネロペの幼稚園での一週間を描いているのですが、カーニバルをしたり、

運動したり、ピクニックに行ったり。

そのたびにうっかり屋さんのペネロペは、ちょっとした「まちがい」を

してしまいます。

そのさまが微笑ましい( ´ ▽ ` )

ついつい

「ペネロペのうっかり屋さん⭐️」

能登麻美子さんの声でほっぺをつつきたくなります。

 

また、「おやつにクレープかあ。。。フランスの幼稚園は洒落てるなあ。。。」

「イベント盛りだくさんだなあ。。。」

などと、文化の違いをみるのも楽しいです。f^_^;)

 

 

 

食べ物の絵本は見ているだけで楽しくなりますね。

フランスの絵本で、パンやお菓子をテーマにした色鮮やかな色彩の人気絵本とか

日本で発売してくれないだろうか。。。。

 

 

さて、まだ関東では梅雨明けの声は聞こえませんが、

いよいよ本格的な夏が到来。

夏休み、海、虫取り、おばけ、花火、ホタル。。。

夏っぽいテーマの絵本を買いたいなあ。。。と今からワクワクしています( ´ ▽ ` )ノ