読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

贅沢な一人の追い込み。

マンガ道。

f:id:misatohayashi:20170118101554j:plain

 

この間の夜はあれから夫婦で話し合いました。

 

自称漫画家の諦めの悪い底辺作家を嫁に持つと、

ずいぶん家庭が破茶滅茶になることは真実です。

 

ブログではほんわか仲良くしているように見えても、

実際はどこの家庭でも問題というものはあるものですが、

うちはまた特殊な例だと思います。

 

漫画で生きていきたい私と、家庭の平和(経済的にも)を守りつつ

フォローし続ける主人。

 

主人の怒号はそれの積もり積もってのことでした。

 

「今の自分には家庭の平和とあなたの病と漫画をフォローするのは無理‼️」

 

「家庭の平和は必須だから、病か漫画、どっちかにして欲しい」

 

ともいわれました。

 

。。。。はあ。。。。本当に申し訳なく。。。。~_~;

 

私も。。。もうのんびりやっている時期ではないな。。。

と常々感じていました。

 

外にも恐ろしゅうて出れなかった三年前だったら

迷わず療養を選んでいたでしょう。

 

通院のおかげで今や症状も以前からずいぶん良くなり。

 

これまで暗中模索だった自分の作風の戦い方もわかってきたので、

もうそろそろこれから上がっていきたいと

心から感じるようになりました。

健康管理にはできるだけ夫には負担をかけず、

神経質すぎるくらい自己管理には注意を払って、

仕事の方を頑張ろうと思いました。

 

 

 

原稿の方は、やっと脱稿が目に見えてきました。

 

すっごく時間がかかりましたが。。。。

 

そんなわけで、あらかじめ年初に主人に脱稿が近いことを知らせ、

できれば集中して追い込みたいというまたもや大いなる我儘をお願いし、

しばらく娘は保育園をお休みして、横浜の実家へ預かっていただけるように

なりました。

 

義父母も了承してくださり、周囲の優しさに恐ろしいくらいに

甘えております。

義母から「あなた、恵まれた人ね」と嫌味の1つも言われましたが、

漫画描かせていただけるのなら喜んで「ほんとですよね‼️」

といいたい気持ちです。

 

 

 

さきほど地下鉄で娘と一緒に明治神宮まで行き、

義母に預けてきて、帰宅しました。

(もう自分、地下鉄も乗れるようになったんだなあ。。。)

 

娘は早くから私がいなくても大丈夫なように育てたので、

義父母のことも大好きだし今のところは心配はしておりませんが、

病気だけはかからぬように念じつつ。。。

 

 

今日は主人帰ってきますが、明日から彼も横浜に行きます。

 

 

なので、これからしばらく一人の生活になります。

 

 

写真は今朝、娘とおやつの時間のときのもの。

たまごボーロをずいぶん食べ、ご満悦。

 

。。。早く、女ってしんどいわね〜とかいうお話をしたいもんです。

 

 

。。。。。しかし。

 

 

。。。。。健康には気をつけたいといいつつも、

2日前から保育園でもらった娘の風邪が、主人と私にモロにうつり、

今微熱とくしゃみ、鼻水と喉の違和感に悩まされています。

 

これからネットで風邪を早く撃退する方法を調べて、仕事に入ります。

 

 

ではでは、このへんで。

 

我が身の自己中につくづく呆れつつ。。。。