完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

災難。

今朝、保育園の送りから帰ってきたとき、

 

自分の不注意で、ドアに薬指の先を挟み、

痛めてしまいました。

 

あろうことか右手❗️

 

うちのドアはかなりの重量なので、

皮がえぐり、爪は黒くなり、出血。

幸い血管が切れていなかったので血は止まりましたが、凄まじい痛さ。

あまりの痛さで錯乱し、

 

ばかやろー❗️ばかやろー❗️

 

と、しばらく廊下で転げ回りながら、一人でおいおい泣いていました。

 

三十路の女が一人で錯乱して大泣き。。。

はたからみるとかなりヤバイ光景であったことでしょう。。。

馬鹿げた光景ではあるのですが、

指先は神経が集中しているので、本当に痛いのです❗️涙

 

 

。。。せめて左手であってほしかった。。。。

 

 

とりあえず水につけ、そのあと絆創膏と包帯で処置し、

原稿にかかるも、うまく線が引けず、また泣けてきました。。。

 

あともう少しなのに。。。。

 

 

その前にも、今朝はうっかり鍵を持って出るのを忘れ、

マンションの管理人さんに「あなた、よく忘れるよねえ」と

呆れられ落ち込んでいた矢先でした。

(以前も鍵を忘れ、管理人さんに迷惑をかけたのだった)

 

災難に災難。

わたしのばかやろう。。。。

 

痛みどめと安定剤を飲んで、沈静したく部屋を暗くする。

水の流れる音を聴きながらアロマをたいて

気分を落ち着かせる。。。

 

昨夜は二時まで作画していたこともあり、どろっと眠ってしまいました。

 

自分のダメっぷりに本当に呆れました。

 

 

線が引けない。。。。

 

どうしよう。。。。

 

2月の初日なのに、なんというバッドデイ。

 

 

ひどく落ち込んだ一日でした。