招きの福猫

漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

育児ヒステリー。

f:id:misatohayashi:20170213172534j:plain

 

ここ数日、なんともいえない忙しさでテンパっておりましたが、

今日、ひと段落ついたかな、という感じです。

 

昨夜、もっともキリキリしていた最中、

娘が何かをソファーにぶつけている。。。

 

最もテンパっていたときだったので、

しばらくは無視して私はパソコンとiPadをせわしなく

行き来していました。

 

ふっと娘をみると、

 

な、なんと、

 

 

作業用の筆ペンを、ソファーにぶつけていた。。。。!(◎_◎;)

 

 

 

ソファー(生成)には黒々とした点々が何箇所も。。。!

 

 

 

一瞬気を失いそうになり、同時に

 

「何してんのおおおおお!!」

 

 

とヒステリー発作が爆発💥

 

 

「これ(→筆ペン)は仕事用のお母さんのものなんだよ!

どうするのこのソファー!!💢」

 

と割れんばかりの声で怒りました。

娘はふるふると泣きそうになっていたのですが、

こっちもイラッイラッしていて、フォローもできず、

ひたすら除菌クリーナーと次亜塩素酸と重曹石けんスプレーで

スミを消しました。。。

 

 

。。。子供には申し訳ない、机に仕事道具を置いていた母が悪かったね。。。。

ごめんね。。。

 

と思えることは今なおできず、自分の心の狭さにドーンときますが、

こういうことにならないように、

 

雑事で1日の全てを失われることは避けよう。

心のゆとりがなくなるから。

 

と、痛感しました。

 

やることがとても多すぎて、原稿も手につけれない日々だったので、

フラストレーションが溜まっていたのだと思います。

 

また、娘がもうすぐ二歳になり、自己主張がハッキリしてきて

何をするにも私の後を追っかけまわし、何かをみてはその単語を

私に向かって報告してくれるという時期に入っており、

夜眠る時も添い寝する私の上に身体を乗せて眠らなければ

入眠できない。。。という密着ぶり。

保育園でも朝のお別れの時の大泣きっぷりが復活し、

日々とにかくあたちよ!あたちに注目して!状態で、

これもイライラの原因だと思います。

 

今日も園の父母会だったのですが、親の会議中、

子供は保育士さんが見てくれるのだけれど、

娘は大号泣して私から離れず、会議中も一人大泣きっぷりで

会議の話す声が聞こえないという哀しい時間を過ごしたのでした。。。

 

娘の愛の重さにいつもうろたえております。涙

 

こういう時に父親にヘルプを頼みたいところ、

今週は主人も不在で、今週末から離れてわが実家へ

しばらく滞在する恐怖もあります。

 

 

うちの両親、果たして二歳児の相手ができるのだろうか。。。

 

 

もうしんどいから、アンタ見なさい、ということに

なりやしまいか。。。。

 

 

私の生後3週間で知らない老夫婦に預けて仕事をしていた両親。

 

幼い頃の両親との記憶はほとんどありません。

 

放任主義だったと思います。

 

 

私と両親の最も古い記憶が、週末に会いにきてくれた両親が、

私がお昼寝している間に車で帰っていくところを、

飛び起きて大泣きしながら追いかけてゆく。。。。

でも車は止まらず去って行く。。。

おばあちゃんに止められ、おいおい座敷で泣き続ける私。。。。

 

 

という、ひどくつらい思い出しかありません。

 

 

 

 

そのことに関しては、何がなんでも仕事をしなければ、

という親の気持ちは今となってはもう痛いほどよくわかるので、

私がどうこういう立場ではないのですが、

 

 

 

親は、2歳児とずっと一緒にいることが今迄なかったはず。

 

 

その大変さに、果たして対応できるのだろうか。。。

 

 

赤ちゃんのときとは比べものにならないやんちゃっぷりの

カオスの連続が魔の2歳。

 

 

親である私が発狂しそうになるくらいなので、

うちの両親にも、娘に対して怒るところは怒って、

また、適度に逃げてストレスを回避して下さいと言おうと思います。

 

 

 

 

もう。。。育児、イヤ。。。。

一人で寝ている時が一番幸せ。。。。

 

 

 

 

ふう。。。本日も愚痴めいてすみません。

溜まっているんです。。。

 

 

ではでは〜 涙