下町イーハトーブ。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。只今育児休暇中。2016年6月より制作再開です。

お肌ケア。

f:id:misatohayashi:20170425104913j:plain

 

冬に一気にシミが増えました。(゚o゚;;

 

原因は暴食偏食と、スキンケアのクリームが

あんまりあっていなかったのに、

もったいないからとずっと使い続けていたことでしょうか。。。

しかもそのクリームはボデイ用だったという。。。

馬油配合と謳っていたが、ほんのちょびっとしか入っていない

悲しい品だった。。。

 

もうすぐ四十路。。。シミシワは自然の摂理ですが、

やはり鏡で素顔を見るたび愕然とするんですよね。。。涙

 

 

ちょうど化粧水が切れる頃だったので、

とりあえず生活費の範囲内で美白を謳ったプチプラ化粧品を揃えました。

 

黒龍は使い続けるにつれて肌のトーンが良くなる‼︎という

アマゾンのレビューを信じ、思い切って購入。

 

おばあちゃんの化粧台の匂い、私は大好きな香りです。💕

明治大正昭和初期の女性の香りだと妄想できるので💕

 

メイク落としのクレジングはキュレルに絶対的な信頼を置いているので

不動ですが、他のラインがこれ、といったものが発見できず、

ジプシー状態が娘時代からずうっと続いております。

 

先日、マツコの番組に出ていた君島十和子がいうには

お肌の綺麗な美人はずっと同じ化粧品を使い続けているそうです。

自分にはこれとこれ、という不動のものが絶対決まっているそうな。

 

街を歩いていても、お肌がすごく綺麗なおばあちゃんもいるものなあ。

けしてお金持ちではなく、高価な化粧品も使っていなくても、

お肌が白くてふわふわしっとりの方に憧れます。

 

わたしもあやかりたいものです。

まるで血しぶきのように、肌にブワッ‼️と散らばっているシミを

早くどうにかしたいものだ。