完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

モルモットの食欲不振。

f:id:misatohayashi:20170814102849j:plain

 

更新遅れてすみません💦

 

ブログをかく心のゆとりがないままでした。。。

 

3日前にぱったりごはんを食べなくなり、牧草は少し食べるものの、

普段も活発さがなくなり、じっとしていることが

増えたマシュー。

 

翌日、1番近い動物病院へ行ってきました。

 

地元では大人気なところで、犬猫専門のところでした。

予約なしだと二、三時間待つ羽目になります。

 

しかし、なんとかこじはいって、モルは見辛い中、

診察していただけました。💦

 

とってもしっかり触診、聴診、

口の中のチェック、検温。。。と見てくださり、

腸内の動きが落ちているとのことで、

そのお薬と栄養剤を点滴でうってくださいました。

病院の雰囲気も、先生も看護師さんもとても

よいところでした。

(やはり、じつに3時間半待ちだった‼️)

 

 

。。。しかし、帰宅して様子をみても、一向に回復せず。

やはり食べず飲まずです。。。。(;_;)

 

 

翌日の昨日、今度はバスに乗って、

ちょっと歩かなければいけない違う動物病院へ。

やはりここも犬猫メインなのですが、モルモットも

診てくださるとのことで、お願いしました。

 

飲まない食べない中、真夏の中を連れ出して

しまったせいで。。。

 

病院に着いた時には、ひどい脱水症状で、

ぐったりしていて、危険な状態でした。。。

 

 

このとき、ご飯が食べられなくなった時点で、

強制給餌するべきだった‼️

と、おおいに反省。。。

 

すぐに脱水処置の点滴をしてくださり、

抗生物質も投与してくれました。

 

すると、みるみる元気さが戻り、一安心。

シリンジでお薬もぺろぺろ飲んでいたので、

胃腸はしっかりしているとのこと。

 

 

帰宅してからは、二、三時間おきに強制給餌

をすることになりました。

 

 

うちの場合は少量のペレットをフルーツジュースで

ふやかし溶いて、桃を加えビタミンCを加えたものです。

 

 

初めての強制給餌。

シリンジを持つのも初めて。

わたしもヒヤヒヤで、それを感じ取ったマシューも

いやじゃああああ‼️といわんばかりにがしがしし、

最初は散々だったのですが、

回を増すごとに少しだけコツがわかり、

マシューもちょっとずつ食欲も戻っているようで

もちゃもちゃと食べてくれるようになりました。

 

 

その後、昨夜、下痢のような

べっとりしたうんちを出したあと、

気分がよくなったのか、

主人から手渡されたキュウリをかじり、

お水を飲み始め、ケージの中においていた

ふやかしたペレットもをほんの少し

食べていた模様。

 

 

今日は昨日より回復したようで、ケージから出て

お部屋をもるんぽしていました。✨

 

強制給餌のあと、出したホワイトセロリも

かじっていて、うおおおおーよかった〜💦

 

 

まだまだ油断はなりませんし、

数時間おきの強制給餌は続きますが、

元気になってもらうのを祈りつつ

自分の管理の甘さを猛省しています。

 

ちょっと痩せてしまって

ほんとうに申し訳ないです。