完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

今日の作画。

f:id:misatohayashi:20170921090224j:plain

 

子どもが眠ってくれたので、更新。

 

こんな不毛な日記にを読んでくださっている方、

本当にありがとうございます💦

 

ほんとに何もできていない、性根も底辺の日記なのに、

たくさんの方に読んでいただき、

申し訳ない限りです、(>_<)

 

 

 

今日はひどくひどく眠い一日でした。(_ _).。o○

 

リポビタンを買って来る代わりに、

デトックスウオーターをつくりました💦

 

冷え冷えだと目が覚めます✨

 

 

今日の作画は以下‼️

 

 

① 16ページ 背景ペン入れ

② 4ページ 背景ペン入れ

③ 5ページ 背景ペン入れ

④ 2ページ 1コマ目 ペン入れ

⑤ 2ページ 5コマ目 背景ペン入れ

✔️⑥ 30ページ 点描 1時間

⑦ 4ページ背景 ベタタッチ

⑧ 5ページ 背景 ベタタッチ

 

 

 

えっ❓どういうこっちゃΣ(・□・;)

 

と思うかもしれませんが、

 

 

ノルマをこなそうとする手が止まり、

 

あ。。。描けない。。。いやだ。。。

と自己嫌悪に陥りつつ、

とりあえず出来るものからやろうと変更し、

 

延々と点描をしておりました。

 

6時間近く点々を打っていたでしょうか。。。。

 

 

私はなぜかルーチンワークの方が眠くなりません💦

カケアミや点描はその代表ですね。

重いですがとても好きな作業です。

(編み物や刺繍をしている感覚に近い)

 

 

思考ばかりが働いて、「描けない」沼にはまる人が、

まさに自分が、底辺だな。。。。

 

何も考えず手を動かせば普通に描けるのに、

「ああ、めんどうだ」という面ばかり見てしまう。

 

 

こんなときはどうすればいいのかな。

 

たっぷり眠る。

瞑想。

アップテンポの曲をかけ、踊りながら描く。

何もしない。

むしろ、やっつけでもいいから、

あと数日で終わらせると決めて短期間でカタをつける。

 

 

 

 今がこの原稿の、おそらく気持ちの上での

最後の正念場。