完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

1日のルーティーン 改訂。

f:id:misatohayashi:20171020135009j:plain

 

 

 

今週、前々回のブログで明記した改善点と、

1日のルーティーンを試してみました。

 

 

 

 

。。。。。。。撃沈。

 

 

理想と現実は大きく違う。

 

これが現状と夢との差。

 

 

 

特にできなかったことは3つです。

 

 

☆四時起きがそもそもできない

☆雨で、運動をする腰が重い‼︎

 

 

 

作画に関しては、

 

 

☆日に下絵5枚が苦しい‼︎

 

 

この3つが一番自分にはしんどいと思うこと。

 

普通の漫画家であれば、日に5枚進ませるのは

まあ、普通のペースだと思う。

 

しかし、わたしはそれさえできない。

 

下絵が作画の中で一番苦手と感じる工程。

5枚も描くんなら、すぐにペン入れしたい

と思ってしまう。

 

 

あと、日中作画をして、夕方から家事育児。。。

という心の切り替えがとっても下手で

「あー。。。今日全然進まんかったわー」

と思いながらずっしり重い体で保育園にお迎えに行く

ストレスといったら。

自分が無能そのもののように感じ、

もうほんとになにもしたくなくなる。

 

 

これではいけない。

進まなければ計画は、意味がない。

 

 

そもそも、三ヶ月半かかった作画の期間を、

急にその半分に減らすこと自体に無理が生じている。

 

 

ならば、ゆとりをもたせて

二ヶ月半から三ヶ月という期間からスタートしてみてはどうか。

 

 

 

そして、作画も変化をつけることと、

達成感を得るためと、下絵の負担を落とすために

 

1週間に4枚脱稿を作ることを目標にする。

 

 

すると、

一ヶ月に16枚。

 

ショート漫画なら連載できる❓というペース。

 

 

今回の原稿総数が36枚なので、

二ヶ月と1週間で作る算段。

 

 

自分の原稿料を月に換算すると、

生活はできないけれど、

パート料金ぐらいは稼げるかあ、という感じ。

 

 

くやしいことだけど、これが現実問題。

 

 

自分には他に家のことをやる義務があり、

負荷がある。

それに加えて、原稿の質は、落とすことは

したくない。

 

 

とかくできないことで落ち込みやすい

この性分を奮い立たせるには、

「今日も進んだ‼︎」

という自信を毎日感じることができるような

計画が大切だと思う。

 

 

また、朝が一番集中できることは

実際やってみて実感。

ほんとうに朝の過ごし方で1日の

クオリティが変わると思う。

 

 

その分午後にぐっと落ち込むのだけど、

そうならないよう、

午後は場所を変えて喫茶店で描いた

方が集中しやすいかもしれない。

 

喫茶店に行けない時は、

外の空気を吸ったほうがいい。

 

とかく何時間も描いていると、

空気が淀み、心も体も重くなってくるのだ。

そして、無理なノルマに途方にくれる。

 

 

そんな気持ちで作画を終えるので、

ものすごく気持ちが沈む。

 

 

美味しいランチを食べに行くのでもいい。

 

日中に一度は外に出た方がいいと痛感した。

 

 

早起きに関しては、

できないのなら仕方ないのでは、と思い直した。

夜に自由に過ごせる時間を多めにとって、

朝6時に起きてご飯を作るようにすれば、家族にも

迷惑はかけない。

 

しかし運動は、日中に絶対に時間をとって

行うべきだと感じた。

運動をすることで、作画の淀みを落とす

禊ができるからだ。

動くと心の疲れも落とせる。

 

 

運動の重い腰を上げるには、

 

スポーツウェアに着替える。

それも、自分の太った身体を否応でも確認できる、

ぴっちりしたスポーツウェアにする。

この方法は効くと思う。

否応でも危機感を感じるからだ。

 

 

ちょうど眠気が襲ってくるランチの後が

運動をする狙い目かなあと思う。

 

ということで、

 

改訂の1日のルーティーンは以下。

 

 

 

 

6時に起床。

うがい、手洗い、歯磨き

夜に仕込んでおいたデトックスウオーターを飲む。

ご飯の御釜に火を入れる。

 
顔洗う。


今日の服を選ぶ


スキンケア
メイク
ヘアセット

 

20分でここまでのことを済ませる。

 

 

ご飯とお味噌汁作り。
朝ごはんに必要な食品は常時ストック。

自分の気持ちが上がるメニューを作る。
目指すは 旅館の朝ごはん。

 

パンの時も、野菜は充分とるようにする。


娘と私用にスムージーを作る。

 

 


子供を起こす。

お洗濯を回す。

6時45分朝食。

 


子供のお洋服着替えと、
髪を結ぶ。

 


7時20分、主人と娘出かける。

 

自分の歯磨きとマウスウオッシュ。


ここから40分の間に、

お洗濯、食器洗い。
二日に一度シーツ取り替える。
マシューのケージ掃除、ごはん。
ムームーの様子を見る。
クイックルワイパーかける。
トイレ掃除。
玄関を清め、お香を焚く。

 

 


八時すぎから 作画にかかる。

 


常にアロマオイルをたく。
作業に集中しやすいよう、
お気に入りのチョコレート、ミルクテイー
を常備しておく。

 

 

 午前中が勝負なので、
漫画以外は何もしない‼️
大体の作画は午前中に片付けるようにする。

この4時間が勝負。

朝のうちに本日進ませる苦手な下絵を

作る。

 

完全を求めない。

 

 

 

集中がなさそうな日は早めに外で描くと判断し、

喫茶店に出かけて描く。

とにかく進ませる。

 

 

下絵が終わると、もう明日の作業の確認。

資料をしっかり収集して
頭でしっかり原稿の画面プランをイメージしておく。
翌朝、本番にすぐ取り掛かれるようにする。

 

 

正午にランチ。

お昼は自分では作らず、

人が作ったものを食べる。

週に一度は外に食べに行く。

 

 

ランチの後に

トレーニングウェアに着替えて
隅田川へ。

 

 

早足ウオーキング
階段トレーニング、
瞑想
ストレッチ、深呼吸

 

 


午後は眠気防止、サボり防止のため、外で描く機会を増やす。

喫茶店にてペン入れ。

ぐっと集中が落ちる時間帯なので、頭で考えることはやめて、

ひたすら手を動かす作業に徹する。

 

 


仕事時間はトータルで7、8時間。

 

 


夕方五時半。

喫茶店に行った時はそのまま子供を自転車で迎えに行く。

お惣菜の日は買って帰る。

 

 

帰宅後、子供の手洗い。

夕食作り。
お風呂のお湯を入れる。

洗濯物を取り込む。

 


7時に晩御飯。

食器洗い。

娘と遊ぶ。

明日の保育園の準備

 

お風呂に入れて、グルーミング。

歯磨き。

 

絵本を読んで
八時半に布団に招きよせ、寝かせる。

 

主人の帰りが早い時は寝かしつけてもらう。

 

 

娘が寝入ったあとは、

持病の薬とサプリメントを飲む。

 

マシューのケージのお掃除とごはん。

ムームーのごはん。

しばし触れ合いタイム。

 


そのあと、すぐにお風呂に入る。
外部や仕事をシャットアウトして、
一人きりのノンビリ時間。


キャンドルをつけて、湯船に浸かる。

長風呂は苦手でも、お湯にはつかるようにする。


お風呂への嫌悪感をなくすために、
大好きな入浴剤、頭皮マッサージ
ボディブラシを購入する。
少しでもお風呂の負担を軽くするため。

 

洗濯物をたたみながら

スキンケア、
頭と肩周り、
足つぼ、足のマッサージ。
ストレッチ

 

 

仕事はしない。

映画を見たり、本を読んだり、ゴロゴロしたり。

何も考えない無の時間を過ごす。

その日の疲れを溶かす。

 

 

 

主人の帰宅が遅ければ

メモを残して

 


10時半から11時に就寝。

 

 

 

 

 

 

f:id:misatohayashi:20171017073434j:plain

 

この1週間はほとんど雨でした。

 

今日から、久しぶりに娘は父親の実家へ

お泊まり。

 

日曜の午後まで私1人です。

 

 

正直、ちょっとホッとしております。(^_^;)

 

毎日夕方からお迎えの時間が近づくにつれ

鬱になる私。。。

そのあとの夜の怒涛の時間といったら。。。

正直、青筋をたてない日はありません。

自分の仕事の無能ぶりに落ち込んでいるプラス、

育児と果てしない家事のイライラが募り、

毎日心が発狂寸前といった感じです。

 

 

 

けれど、今日と明日は子供の相手も、

家事もしなくていい。

 

夜が自由‼︎なんて素敵‼︎

 

 

といっても、日曜日までは

作画を中心に過ごす予定。

 

 

上の計画でいくと、

あと2枚下絵から起こさねばならぬものと、

2枚分のベタタッチが残されているので、

そう考えると、結構忙しい。

 

計画は、すぐ実行に移さないと

意味をなしません。

 

わたしは計画を立てることで満足して撃沈するタイプなので、

気をつけねば。

 

 

 

月曜日が病院に行く日なので、

その日にお休みをとろうと思っています。

 

 

そうはいっても、

この二日間は、1人の時間を楽しみます。