完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

今日感じたこと。

f:id:misatohayashi:20171025214211j:plain

 

今日は日誌の通り、日中はずっと休んでいました。

 

作画時間も薄墨処理の一時間 笑

 

朝8時に布団に入って、午後の1時まで眠り、

三時ごろまでご飯食べたり作画してまた眠り、

お迎えの時間前に起きるという、

超休眠モードの日でした。*1..zzzZZ

 

 

すると、随分身体が軽くなり、心も元気になって、

お迎え時は雨が降っていて、

いつもなら鬱になりつつ出向いていたのが、

今日は

心の中でシナトラの雨に唄えばを口ずさみ、

夜はいつも青筋立てている状態なのが、

なんだかいつもよりは娘に優しくなったりと、

 

人って、休みとゆとりがあると、

こんなにも行動が変わるのかー

 

としみじみ感じました。

 

 

パニックは寝不足の時に起きるそうです。

 

ブログの抱負では8時間睡眠をうたっていても、

実際は6時間程度の日々でした。

起きている時は、常に何かに追われている状態。

それがずっと続いていたので、

調子を崩したんだと思います。

 

 

睡眠は自分にとってはご飯を食べるより

大事なんやな。。。痛感。

 

 

このブログを読まれている方で、

最近落ち込むなー調子悪いなー

という方は是非休眠してくださいね。

 

コツは「ここまでは寝すぎなんじゃないの❓」

と思うくらいでちょうどいいか、まだ足りないくらい。

 

できれば休眠は1日だけではなく、

元気になるまで続けてください。

そして、起きている時は自分の好きなことに費やす。

仕事は、最低限のことさえすれば頑張らない。

 

人に後ろ指指されそう‼︎とヒヤヒヤするくらいの

お休みモードで、日本人はちょうどいい。

これだけ休んだから、うんうん、頑張れそう

と思えるまで休んだ方がいいと思います。

 

 

人間の頑張りは2日が限度。

週のうち水曜日が1番集中がなくなり、だらっとして

しまうとのこと。

私も水曜日は身体を休めること中心にシフトした

方がいいと感じています。

 

 

疲れたら、頑張らず

しっかり寝ます。

 

 

 

 

 

 

*1: _ _