完全主義では、 何もできない。

底辺漫画家の森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。このブログは漫画の制作日誌です。

今日の作画。 賢治さんの春。

f:id:misatohayashi:20160513034812j:plain

 

無料画像で、こんなに素晴らしい岩手山

写真があった‼︎

 

こんばんわ‼︎

 

秋晴れはたった2日で終わり、

明日からまた台風と雨だそう。

 

 

今日の作画は以下。

 

 

✔️① 3ページ 1コマ目 タッチ

✔️② 3ページ 2コマ目 点描

✔️③ 3ページ 2コマ目 タッチ

✔️④ 3ページ 3コマ目 タッチ

⑤ 1、2、3、5 ページのホワイト セリフ入れ トレペ

 

 

点描が終わった‼︎✨

 

 

明日は土曜日ですが、

引き続き作画を。

次の4枚にかかりたいと思います。

 

あ、そうそう、

 

今、NHKの「にほんごであそぼ」にて、

べベンさんが、宮沢賢治

「雲の信号」を歌ってくれています。🎶

 

 

 

   雲の信号
               
あゝいゝな、せいせいするな
風が吹くし
農具はぴかぴか光つてゐるし
山はぼんやり
岩頸だつて岩鐘だつて
みんな時間のないころのゆめをみてゐるのだ
  そのとき雲の信号は
  もう青白い春
  禁慾のそら高く掲げられてゐた
山はぼんやり
きつと四本杉には
今夜は雁もおりてくる

 

 

 

子供向けの番組なので、

さすがに「禁慾」という言葉は

出てきませんが。 💦

 

 

春と修羅」の第1集は、

トシさんとのお別れまでは、

農学校でのびのびと過ごした様子が

詩の中から読み取れて、読んでいる方も

のどかな心持ちになります。

個人的に1番すきな部分です。

 

春のむわあっとしてキラキラ太陽光が降り注ぐ

絵を、いつか原稿に描きたいです。

見開きで。笑

 

あと、同じ春をうたったお話で、

「イーハトーボ農学校の春」という作品に、

何故か強烈に惹かれます。

 

太陽マヂックの歌もインパクト強すぎですね。(^_^;)

 

行動にしたら、肥を畑に運ぶだけのお話なんですけども、

 

賢治さんの視界に入るキラキラした光景や生徒の姿が

百年近くたった今読んでも映像のようにくっきり

見て取れます。

なんだか声まで聞こえるような。

 

肥を運ぶだけの道程で、こんなに世界は美しく、

楽しいのだな。。。と、自分が落ち込んでいる時、

気分の持ちようを学ばせてくれた作品でもあります。

 

 

不思議な楽しさで、なんだか何度も読んでも

鮮明な映像が浮かんで、

そろそろ漫画化できればいいなあ、と思っています。