マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

賢治とヤス。

f:id:misatohayashi:20180810152632j:plain

 

澤口たまみさんの「宮沢賢治 愛のうた」

を読みました。

 

賢治さんには恋人がいた。

 

彼女の名前は大畠ヤス。

 

同じ敷地にあった尋常小学校

先生でした。

 

賢治とヤスさんは熱烈な恋愛をして、

賢治は彼女に向けて

たくさんの詩篇を残しています。

 

 

一見フィクション、と捉えられるかもですが、

ノンフィクションです。

 

賢治の秘められた純情な愛情、性愛、挫折。。。。

 

とても優しい文体で新しい賢治の姿を

垣間見えることができました。

 

 

聖人、童貞、愛した女性は妹トシ。。。

と捉えられている

世間の賢治像がいよいよ一新される

時期に入ったかもしれません。

 

 

 

賢治好きの方がいましたら是非ご一読ください。

とってもとってもおススメです。

 

 

f:id:misatohayashi:20180810230412j:plain

 

 

 

野山の逢瀬を楽しむ賢治とヤスを

描いてみました。

 

大正時代、男女が連れて歩くなどけしからん

とまだ言われていた時代。

 

地方の街だとよけい噂が立つに違いないなく、

 

二人は誰もいない野山でこっそり

会っていたかもしれません。。。

 

 

 

f:id:misatohayashi:20180813150402j:plain

 

 

わたくしはそのがらんとした巨きな寄宿舎の 舎監に任命されました

 

恋人が雪の夜何べんも

黒いマントをかついで男のふうをして

わたくしをたづねてまゐりました

 

そしてもう何もかもすぎてしまったのです

 

 

 

古びた水いろの薄明穹のなかに より

 

 

 

こんな詩を賢治さんは残しているので、

本当に賢治のいる舎監室へ

夜中ヤスさんが訪ねていたとしたら。。。

 

 

そんなことを思い巡らすと。。。

 

どんどんイマジネーションが働きます  笑

 

 

 

 

現在発売中の秋田書店ミステリーボニータ」9月号にて

「銀のノスタルヂアーイーハトーブ幻想童話集ー」

の第2回が掲載されております☺️

 

今回は賢治の教え子の鹿踊にまつわるお話です。🦌

 

よろしければご覧くださいませ✨✨

 

 

ミステリーボニータ 2018年 09 月号 [雑誌]

ミステリーボニータ 2018年 09 月号 [雑誌]

 

 

 

 

第一回も電子配信が始まりました✨

よろしくお願います‼️☺️

 

 

 

www.akitashoten.co.jp

 

 

ミステリーボニータ 2018年 08 月号 [雑誌]

ミステリーボニータ 2018年 08 月号 [雑誌]