マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

突然の別れ

 

 

 

 

 

9月27日、飼っていたモルモット

マシューが亡くなりました。

 

 

 

 

突然の死でした。

 

 

 

 

昨日まではいつもと変わりなく元気だったのに、

今日、私室に入ってみると、

すでに硬く死亡していました。

 

 

 

あともう少しで4歳になるところでした。

 

 

元々身体が小さく、

夏に脚を痛めてからは

動きもスローになり、

 

この二週間は野菜を全く食べなくなっていて

ペレットばかりモグモグと食していたので

 

ああ、いよいよモル老介護生活が始まるぞ。。。

と心していたのですが、

 

 

あっさり

 

あっけなく

 

なんの手間暇もかけずに

 

 

旅立ってしまいました。

 

 

がらんどうになったケージに夕日が指し、

なんともいえない気持ちです。

 

 

死とはこんなに急なものなのですね。

 

 

今は彼をおくったあと、

マシューが生きた痕跡、、、ペレットや

遊び道具などを処分している

最中です。

 

 

日常とは残酷なもので、

ペットの死に際しても

ご飯を作らねばいけないし、

肉や野菜も買わなければいけない。

 

 

涙も出ません。

 

 

 

 

 

何もなくなっても、

マシューのふわふわの毛感触を

できる限り記憶しておこうと

 

 

そんなことぐらいしか

考えられません。