マンガ道。

森山響喜のブログです。電子コミックにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」三巻発売中‼️こちらは主に私的日記です。

連休にやること。

f:id:misatohayashi:20181006095147j:plain

 

三連休となりましたね🍁

 

先ほど父子は横浜の実家へ出かけて行きました。

 

久しぶりにちゃまとじいじに会えるので

楽しそう☺️

 

そして私も、連休中一人でぼんやりできるので

とっても助かる💦

 

この連休中は

 

ウオーキング

☆断捨離

☆本の発送手続き

 

やるといえばそれくらいで、

あとはボンヤリ過ごそうと思います。

 

外出しても人だかりでよけい疲れるので、

おそらく家でダラリと寝まくることでしょう。。。

 

写真はイタリアントマトの抹茶ラテ。

唯一愛用しているカフェです。

 

平日の朝など空きまくっていて

穏やかな時間が過ごせるので

時々寄っています☺️

 

 

あ、そうそう、

 

前回のスピリチュアルなお話のついでに

もう一つ。

 

娘の保育園のすぐお隣が

なんと、

お寺で墓場です 笑

 

結構広い敷地の墓場で、夕方その近辺を

歩いていると木々がざわざわして

とても暗い印象でして

最高にあの世とこの世が交錯している

錯覚を味わえるロケーションでもあり

結構私なぞはその道が好きで、

いいぞ、いいぞ、うふふ、と感じながら

歩いているのですが、

 

すぐ隣が墓場だけあって、

保育園では 

でる

ともっぱら噂です。💦

 

子供って視えやすい、といいますよね。

 

やっぱり保育園でも視える子や

職員がいて、

あ、あそこにいた、とか、

何もないところににこやかに

手を振っている子がいたりするそうです。

 

 

おおおーーーーうう💀

 

 

でも、隣が保育園で子供達の声がしていると、

子供好きの霊とか、実際子供の霊とか

絶対みにくるよなー

と思います(^_^;)

 

子供達と普通に遊んでいる子供の霊も

いるのではないか。。。

 

 

あと、高架線の真下に保育園があり、

磁場が相当狂っているところにあるんです。

 

保育園自体は完璧に騒音を遮断している

設計になっていて、綺麗で長閑でよいのですが、

周辺環境はちょっと良くないところで、

これも親としては心配だったりします。

 

けれど、保育園のお迎え時に

銀河鉄道さながらの光景が見えたり、

となりのお寺の宗派が法華経なので

賢治さん好きとしては、なかなか

面白かったりします。

 

 

都会でも、意外とあの世の入り口を

感じれるところは

たくさんありますね。

 

そんなところをポクポクと歩くのが好きなので

色々発掘するのも楽しいかもしれません。

 

私は何も視えない人なので

あまり怖さは感じず、

ただ、ざわざわする野生の勘、

みたいなものを感じれるのが

好きです。

 

 

あ、近場では谷中霊園

長閑さの中に空間がよじれているところが

あっていいですよね。🌸

 

 

絶望的に発想がわかないときは、

水木しげるのように、

霊園をさまよっているかも。。。。

 

 

ではでは、

このへんで🍵