マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

決戦2日目。

f:id:misatohayashi:20190503141233j:plain

鉱石描くのが、一体どれぐらいの時間かかるのかサッパリわからん。

 

結局昨夜。。。というか今日❓

 

 

明け方四時まで作業。

 

そして本日お昼に起床。😓

 

GW中、規則正しい生活を送る。。。という

目標は早くも崩れ去る。。。。

 

 

3巻の表紙カラーが画竜点睛の点できたら終わりに

なったので、

 

ここで1巻の表紙カラーに切り替える。

 

またここから描き込みが始まると思うと、

 

うっ。。。。。っとなる。

 

しかも鉱石がいくつか入るので、

その描写に一体どれだけ時間がかかるんか、と

思うと、これまた

 

うっ。。。。。っとなる。

 

 

賢治=銀河のイメージ。

 

輝く星屑をどのように描いたらいいのか

これもさっぱりわからない。

 

 

わからないことは

恐怖である。

 

 

 

 

私にとってカラーは恐怖以外

何者でもない。

 

いくら描いても逃れられない、

そう、恐怖。

 

 

恐怖の黒い犬が、

いつも自分の背後にいる感じ。

 

 

さて、

うちに星屑を表現する画材がなく、

アマゾンでも見つからず、

近所の文具屋はお休み。。。。

 

遠方の画材屋に行くゆとりもない。

 

どうしたものか。。。悩んでいる。

 

ちょっと思うところがあるので、

これから自転車で8分のセリアにいって物色するつもり。

 

今や100均でも十分画材になり得る。

 

3巻の表紙の一部も、ファーバーカステル

ステッドラーとともに、

娘に買った安い韓国製の240色色鉛筆の力を借りた。

海外色鉛筆、侮れん。。。。

 

 

100均ではB4封筒と、カラー原稿をカバーでくるA3判ファイル

もともに購入する予定。

 

 

いずれにしても、

 

まだ全体の工程の半分終わっていないから、

 

全く全く油断はできない。

 

あああ、頭が重い。。。。

やりたくねええええええ。。。。。。

 

 

今の私の心の拠り所は、

相変わらずアイハーブ偽装ショッピングのみである。

 

GWがおわるころには、

ゆうに10万は超えると思われる。