マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

ぐるりと回って。

更新がお久しぶりで申し訳ございません🙇‍♀️

 

もうそろそろ2019年の上半期が終わろうとしております。

 

皆様はどのような上半期でしたでしょうか❓

 

 

わたくしは、YouTubeを初めて、スピリチュアルや

タロットカードの勉強をして、

あとは自分なりの休養をとり、今後どうしてゆくか

ふわふわしていた時期だったように思います。

 

 

そして、やっと今日、今後の過ごし方について

自分なりに納得できる方向性が見えたので、

ちょっとお話ししようと思います。

 

 

今後の下半期は、現在お世話になっている

雑誌の宮沢賢治の「銀のノスタルヂア」に、

意識を注入してゆこうと思っています。

 

 

YouTubeをはじめて、スピリチュアルのことを

知れば知るほど楽しかったのですが、

果たしてそれが自分の適職か。。。と問うたとき、

必ずしもそうではないなあ。。。。と、

実際やってみて思いました。

 

 

私は確信をもってガイドや守護霊とおはなしはできないですし、

タロットリーディングでプロになろうとも思っておりません。

 

あくまで趣味の範囲、自分の生活の智慧みたいなもの、

として捉えた方が納得がゆく、と思い至りました。

 

わたしには、スピリチュアルを仕事にできる

ギフト、を持っていないのですね。

 

スピリチュアル業界は、金額設定が本人が自由に設定出来ることもあり、

うまくゆけば、莫大な金額を稼ぐことができる仕事でもあります。

 

お金。。。。いいなあ。。。

自分も稼げたらなあ。。。と

憧れる部分も多々あって学び始めたのですが、

 

 

果たしてそれが自分の適職か、ときかれると、

いやあ。。。そんなことできないなあ。。。。という

気持ちが強く出てくるのです。

 

 

 

けれど、自分の漫画に関しては、

自分しか出せない独特のものがある、と

へんな確信があります。

 

それが売り物になるかどうかは

わかりませんが、

自分が書きたいものと、読者の要求が一致した時、

プロとして生計が立てられるのでは、と

40手前の今でさえも思ったりします。

 

 

今後はYouTubeのタロットリーディングは続けますが、

今までよりセーブして、動画の更新をし、

 

「銀のノスタルヂア」の方に、

そして賢治さんの研究の方に意識を集中してゆこうと思っております。

 

 

来月にいよいよこの5年間描き続けてきた

「銀のノスタルヂア」が一挙公開になるので、

じわじわとその準備などもしてゆけたら

いいなと思います。

 

 

「LAMER」の方もその合間に更新してゆくつもりです。

 

 

私は毎日平均的に何かを続けることができなくて、

その日の気分や調子によってやるかやらないか、を

決めているきらいがあるのですが、

 

そんな自分の性質も踏まえて、

自分が描きたいもの、かつ読者が求めているものを

求めつつ、作り続けてゆきたいです。

 

 

それでは、長文失礼致します☺️

 

 

自分なりの気づきがあったので

ここに記しました。