マンガ道。

漫画家森山まみちのブログです。秋田書店ミステリーボニータにて宮沢賢治の物語「銀のノスタルヂア」を不定期掲載。こちらは主に私的日記です。

ポーの一族展に行ってきました。🥀

f:id:misatohayashi:20190803150620j:plain

エドガーがオスカーを誘うシーンのプロジェクターがすごかった。。。

 

松屋銀座で開催中の

ポーの一族展に行ってきました‼️

 

当時の生原稿を拝めて、

ほんっとうに幸せでした😭

 

会場は平日でも大勢の人が入っていて、

時代を経てもポー人気を伺わせておりました。

 

 

でも。。。

 

23歳でポーの一族を描き始められたんですよ、萩尾先生。。。

 

ポーの一族って時代をまたぐお話なので、

推理小説並みに結構登場人物やお話が入り組んでいるのですが、

それを三年もたたないくらいで描き切る。。。。

 

その実力と才能に呆然としました。

 

そして生原稿で、あらためて、構図やデッサン、

コマの美しさに驚愕しましたね。。。。

 

 

愚直な言い方で恐縮ですが、

本当に天才なのだと、感じました。

 

 

また、公開されたスケッチブックやボツ原稿の隙間に

びっしりシーンの状況やセリフが書きこまれていたのが

印象深かったです。

 

6日までなので、気になる方は是非行ってみてくださいね‼️

 

f:id:misatohayashi:20190803151436j:plain

シフォンなら。。。バラのさく村 ポーの村

カフェでコラボスイーツ🍰を注文❣️

 

エドガーの瞳に似たハーヴティーとともに。。。

 

f:id:misatohayashi:20190802183801j:plain

戦利品

残念ながら図録はすでに売り切れておりました💦

 

私の好きなエドガーと魔法使いのシーンの再会のハガキ。

 

帰宅後は大岡昇平の「野火」読了。

 

 

本日は父子は横浜の実家へお泊りなので

ひたすらのんべんだらりと過ごしましたーーーー

 

 

 

そして。。。。

 

 

今後の自分の方向性も少しづつ定まってきたと思います。

 

 

萩尾先生の展覧会に行って、

やっぱり私も描き続けたいと再び確認することができました。

 

 

私は一生無名で終わる今生の漫画人生となりそうですが、

 

まあ、それもよし、と。

 

ただ、今後は自分だけではなく、人が求める作品を

描き続けて行こうと思っています。